情と理屈とのど元過ぎれば・・・について…

皆様ご機嫌麗しゅう

すがすがしいお天気。しかも土曜日ですね。

ということで(どういうことだ)

久々、思いのたけをぶちまける回です。

先にお断りしますが、

不動産もお得情報もありません・・・

教団・・・もとい凶弾に倒れた安倍元首相の国葬について、賛否両論がかまびすしいですね。

※私は国葬についてただ単純に、いまの不毛な言い争いに辟易しているだけです。絶対強行してほしいとも、断固反対とも考えておりませんのであしからず。

ちょっと前の読売新聞で、とても良い記事がありました。

安倍氏「弔う主体」を誰が決めるのか…分断とズレ、国会で解消を

冒頭から

理屈は通っていても、相手の気持ちを無視しては伝わらない。感情で善しあしを決めると、根拠ある説明にも耳を貸せない。分断は一方的には起きず、互いに背を向けるから広がる。

すばらしい冒頭分です。

賛成派と反対派が罵倒しあう姿をこれ以上ない表現を用いて描写しております。

内容はまとめるの大変なので、上の記事リンクを読んでほしいのですが・・・

最後はこうまとめております。

 1967年の吉田茂元首相の国葬でも多くの課題が見つかりながら、政府も国会も半世紀以上、不作為だった。理屈と感情をぶつけ合うだけで何一つ歩み寄らず、儀式が済むと「のど元過ぎれば……」が繰り返されるのでは、むなしい。 (リンク先より引用)

強行してしまえば、『やってよかった』で終わってしまい、反省も検証もされない。

・・・なんかそうなりそうで本当に嫌な気持ちになります。

そして今後、国に尽くした方がなくなった時、国葬の是非を今みたいに賛成・反対派が罵り合うのかと思うと暗澹たる気持ちに地になります。

この喉元過ぎれば・・・の構図、何も国葬の問題に限ったものではありません

オリンピックもそうです

  • 巨額の費用が掛かったが、経済効果はどうだったのか
  • 箱モノのこれからの維持管理はどうなるのか
  • そもそも”成功”とはどういった状態なのか

だーれも検証しない。

だーれも疑問にすら思わない。

今更噴出する汚職、跡地利用、

コロナ対策もそうです

  • 本当に対策として効果的だったのか?
  • 費用対効果は?
  • 弊害はなかったのか?

だーれも検証しない。

だーれも疑問にすら思わない。

虐待や自殺者が増えているのに

飲食・観光業界が苦境に立たされているのに

医療従事者・介護従事者だけがひたすら大変な思いをさせられるのに

未だに隔離隔離、超長期間の隔離。

日本だけですよこんなん。

海外はすでに患者のカウントも自己申告です。普通の風邪とおんなじ対応。

当たり前ですよ。すでに風邪とおんなじって大本営が認めてますから・・・

※上の写真はこちらの記事で初めて使いました。

SDGsだのエコだのだっておんなじ

  • レジ袋を有料化して具体的に何が変わったのか
  • 電気自動車に置き換わって、本当に環境負荷は低くなるのか
  • ヴィーガンレザーは本革より本当の意味でエコなのか
  • そもそも温暖化は人為的なものなのか

いい加減、

建設的な検証・意見交換しませんか?

ちゃんとデータをみて、頭で考えませんか?

多くの人がその手に持っている小さい板で確認できますよ。

カエサルの名言に、

『多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない』

というものがあります。

右だろうが左だろうが、この病に取りつかれているんですよね。

自分の反対の立場の意見(罵倒や中傷は除く)ほど聞くべきなのではないでしょうかね。

持論にとって不利なデータでも、受け入れられないのはただの偏屈偏狭ですから。


最近、

心をえぐらるようなニュース・悲しいニュースを目にして、ワタクシ、メンタルがやられております。

世間で起こっている、自分から遠いところで起こったニュースでも、心が深く傷つくことをワタクシは知ってます。

それはなにもワタクシだけではありません。どんな人でも同じです。

無理をなさらず、辛いときは自分がつらいことを認めてあげてください。

誰の為でもなく、自分のために。

・・・

というわけでオチもなくおしまいです。

週末を穏やかに過ごして、よい記事をバンバン書きますね!

というわけで皆様来週月曜、また元気にお会いしましょうm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン