夏の終わりとふるさとについて・・・

皆様ご機嫌麗しゅう

さて、8月も残すとこ1週間・・・

夏も終わります。

今年は6月から暑かったので、ようやく終わったか・・・というのが本音です。

そして

夏の終わりといえば、やっぱこれですよね。

あ、もしくはこれ

ええ・・・

42歳ですもの。

さて、先日ある集まりで、3人のが持ち時間20分ずつで、失敗を交えて自分の仕事を紹介する、みたいな発表をしました。

ワタクシ

恥の多い半生を大いに語りつつ、15分で終える神采配でした。

日頃から人前でしゃべっている分、やっぱりこういうのは経験値がものをいうんだなと思いました。

ブログもそうですが、毎日なんやかんやネタが降ってくるんですよね。。。継続は力なりですよ。。

わらび餅もだんだん終わりか…

そんな中、発表の方のおひとりが東京出身で、こちらに移住してみたら

鶴岡ってすごくいいところだという内容の発表をしておりました。

ワタクシのようなひねくれものは、

東京に実家があるなんて、親ガチャSSRやろ・・・と思いました

・・・本題に戻ります。

確かに鶴岡は、

  • 食べ物うまい
  • 自然あふれている
  • 温泉も近い
  • 大災害が少ない
  • 過干渉だけど助け合い

いいところだ、と思います

が、

なぜだろう・・・モヤモヤするんですよね。。。

このモヤモヤを語るために、ちょっとだけ横道に入ります。

ーーーー横道スタートーーーー

以前、県内某所でランドバンクの講演の依頼がありました。

ひとしきり事例の解説をして、質疑応答の際に、そのまちの職員の方から

「このまちに人を呼ぶにはどうしたらいいか・・・」

といった主旨の質問を受けました。

ワタクシ

正直不動産ぶりを発揮して

『山形県内の各市町村の特徴って、いわゆるキャラ被りした市町村が山形県全域にも、全国津々浦々にある、そういった市町村とパイの奪い合いをするのに、これといった武器がないとすると、具体的策などないのでは・・・』

※もちろん回答の際はもう少し柔らかい表現でしたよ。

と回答してしまいました。。。

ーーーー横道終了ーーーー

先ほど鶴岡のいいところを上げましたが、

  • 魚は北陸のほうが絶対旨い
  • 自然はあっちこっちどの県も豊富
  • 温泉なんて全国どこでもほりゃでるから、むしろ温泉街って、一部を除いて全国的に危機的状況・・・
  • 災害、日本に安全な場所など存在しない
  • 助け合い、田舎だいたいそうだよね。。。
  • 毎年雪が降り、冬場交通ズタズタ

じゃん。

・・・

ワタクシ鶴岡に42年の人生のうち35年ほど住んでます。

それなりに詳しくなりました。

けど・・・

※ここから結構毒舌が混ざりますので、お気を付けくださいm(__)m

鶴岡のことが大好きだと、胸を張って言えません。

でも、好き嫌いは関係なく、できる限り鶴岡のためになる仕事をしなくてはと思います。

さらに言うとワタクシ

○○に生まれて、○○に住んでいるからには、○○を好きでいなければならないような圧迫感というか無言の圧力が嫌いです

※1 ○○には地元名をいれてね(はあと)

※2 一応弁解しますと、地元・故郷にフラットな感情を抱くことを否定したくないだけで、鶴岡が嫌いで嫌いでディスりたいわけではありませんよ。。。

いいものが正当に評価されるべきなのは当然ですが、だから好きになれ、というのはなんかな。。。

住めば都とはよく言ったもので、

ほとんどの方は住んでいればその土地に慣れていきますよ。

それよりも、どんな住宅を借りるか(買うか)のほうが重要なように思います。

ふるさとは遠きにありて思うもの・・・

なんて言葉がありますが

引っ越しが多い人にとっては、もはや生まれ故郷は知らない土地に近いわけです。

ワタクシは、

故郷=いい思い出があるところ、でいいじゃないかと思います。

さらに言えば、故郷は1こでも100こでも全然いいんじゃないかなぁ。

引っ越しするたび故郷が増える、なんて楽しそうです。

あ、引っ越しやら転勤やらについては、前にこんな記事書いてました。

久々読み返すとこの記事・・・

いいこと言ってますね(おい)

この記事では沖縄移住希望でしたが・・・

長野でもいいです(おい)

それではまた明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン