サステナブルと日本家屋のあれの関係・・・

皆様ご機嫌麗しゅう

ああ・・・

5時に間に合わんかった。。

8月中、NHKFMで村上春樹のドライブ・マイ・カーの朗読放送があったので、聞いていたのですが・・・

やっぱり村上春樹でした。。。

そんなに男はモテませんて…

さて、先日革靴を取り上げ、物を大事に使うことこそが真のサステナブルだ、みたいな記事を書きました。

で、唐突ですがこの靴をご覧ください。。。

この靴、

購入したの30年前のパリだそうです。

革部分は全くひび割れておりません。。。

革が厚い。そしてつやがすごい・・・

むしろ靴底に張ってあったゴムのほうが固くなってひびが入ってました・・・

当時の革がいかに上等だったかを物語っています。今ではこんな革手に入りませんもの。。。

ここからもう30年は持つのではないでしょうか?

ええ、、、

勿論磨かせてもらいました。

やっぱり革靴はサステナブルやでぇ・・・

で、サステナブルといえば、日本の住宅に昔からあるアレもサステナブルです。

それは・・・

一つ一つのユニットをバラバラに交換できるのは、フローリングにはない良さです。

悪くなった畳表以外にごみ出ませんもの。

そして直接寝っ転がれるのは畳ですよやっぱり。。。

そんな畳で弊社が大変お世話になっております安藤畳店さん。

※ホームページこちら。

予算や畳の状態に応じて

適格なご提案、いつもありがとうございます。

で、安藤畳さんすごいんですよ・・・

こんな畳も作れるそうです。

某メーカーの某スポーツカー風のデザイン・・・

作成の際の動画がコチラ。

他にもさまざまデザインできるみたいですよ・・・

ご予算さえあれば、ですが。

畳、調湿効果もあり、高温多湿な日本に最適な床材なのですが、

生活の洋風化によって、どんどんフローリングにとってかわられております。。。

今日はあれやこれやと予定が重なり、更新が遅いアンド短文画像だよりというペコペコ案件ですね。。。

畳に限らず、住宅に必要な物、実はいらないもの、を今度記事にしようと画策しております。

建てて使ってみないと分からないところを、建てる前に知っておくことも立派なサステナブルだと思いますよ。

SDGsは嫌いだけど、サステナブルは結構好きなんだよな・・・

語感が、ですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン