後出しじゃんけんはダメだというお話・・・

お前パー出せるんかい!

 

今日(5月25日)は天神祭り

新コロの影響で、神事のみという寂しいお祭りとなりました。

去年は某夢の国のパレードがあり、過去最高の人出だったのがうその様です・・・

天神祭「ディズニー効果」 過去最高22万人の人出

ただ、ワタクシ思うのですが、

鶴岡市及び鶴岡の人たち、この祭りを本当に大事にしてるのかなぁ?

確かに出店がでて、鶴岡公園はにぎわいますが、それだけじゃん。。。

ワタクシが小さいころまでは、パレードに特撮ヒーローやらアニメキャラやらの着ぐるみが出ていて、すごくワクワクしたのを思い出します。いまって、各小学校が出し物やって、その親が見て喜ぶ、みたいなパレードがほとんどですもんね。。子供の親やジジババ以外、たのしいのかな?

まぁ、時代の流れなのかもしれませんが・・・

じゃあお前がなんか考えろよ、といわれそうですね・・・スミマセン。ノー対案です。。。

で、話題はガラッと変わって、まじめな話

アパートやマンションの問い合わせで最も多いのが『初期費用を教えてほしい』というもの

まぁ、計算してメールか電話番号がわかる方には電話(メールは届かない可能性があるので・・・)でお知らせするんですが、結構な割合で『チラシ掲載のお金以外にかかるものってあります?』という質問をされます。

結論から言うとないんです

けど、不安になりますよね。なんといっても不動産業はイメージ悪いっすから・・・(諦め)

消費者目線で考えると、

「家賃お値打ちだけど、ほかに維持費とか駐車料むしり取られるんじゃないか?」

と心配されてるんだろうなぁ・・・

不動産業者でも昔の悪徳業者だとあるのかもしれませんが、令和のこのご時世、そんなことはしないというかできません

不動産広告は非常に厳しい縛りがあり、例えば激安、超特価といったワードは消費者に誤解を与える表現なので基本使えません。だって、不動産の場合、激安って何と比較しているのかわからないですからね。

値下げした場合も、何年何月何日に、いくらからいくらに改定したかを明示する必要があります。

あと、「最高の○○」だとか、「素晴らしい○○」といったワードは、具体的な根拠がないと使えません

※例) 最高の立地→× 駅から徒歩3分の好立地→〇

もちろん、白のものを黒と書くことはありませんがワタクシも商売ですから、よりよく伝えようという気持ちはありますよ。

こんな感じ

  • 築35年の古い物件→昭和レトロ物件
  • 買い物に不便→商業施設が近くにないから静かな立地
  • 幹線道路近く→○○までアクセスしやすい
  • ボ〇家で大家さんが修繕できない→DIYが楽しい・ノンクレーム物件

ええ、、、脳汁出るくらい考えますとも。

原則接客の際は

  • 嘘は絶対につかないこと
  • 後出しじゃんけんは絶対にやらないということ
  • 欠点も伝えつつメリットをつたえること

が非常に重要です。どんな不利な条件だったとしても、必ず先に伝えなければそれは嘘をついたのと同じですから。

で、二番目の”後出しじゃんけん”

例えば普通にモノを売る商売でも、広告に記載がないのにこういったことやられると・・・

  • ○○を買った人しか注文できない(いわゆる抱き合わせ)
  • 買うと強制的に箱代やら容器代がかかる

面白くはないですよね。

それが大した金額ではなくても。

はじめから知っていれば何とも思わないような金額だとしても、「こんな話聞いてないぞ」というモヤモヤが強く印象に残りますよね。

実際ワタクシがそれをやられたら、うーーん、少なくともいい印象は抱かないですね。。。

印象といえばワタクシ、超ド近眼のため、眼鏡をかけると人相が変わって見えます。

よく言うと星野源とか綾野剛みたいな塩顔、悪く言うと爬虫類系の目がさらに小さく細くみえるんです。。。

・・・

・・・

やっぱレーシックかなぁ・・・

ページトップボタン
ページトップボタン