選択の・・・

多ければ多いほどいいものと、多すぎると難しいものがあります。

例えば、お部屋探し

あまり選択肢が多すぎると、決めきれず保留して、後から連絡したら決まっていた・・・

なんてことはこの仕事をしていると結構出くわします。

選択肢が多すぎると選べないというのは、選択のパラドックスというんだそうです

 

 

 

こんな面白い記事がありました。

引用元 衝動買いも予算オーバーも 「決断疲れ」が原因? 

引用ここから~

レバーブ:ドイツの3都市の新車販売店で、750人の顧客を対象に次のような実験を行い、その結果を2007年の論文で発表しました。ドイツでは、新車を購入する際、事前にカスタムオーダーするのが一般的で、顧客は以下の選択肢の中からそれぞれ1つを選ばなくてはなりませんでした。

・56種類の内装色 ・26種類の外装色 ・25種類のエンジンとギアボックスの組み合わせ ・13種類のホイールリムとタイヤの組み合わせ ・10種類のハンドル ・6種類のバックミラー ・4種類の内装スタイル ・4種類の変速ノブ

私たちは、750人を次の2つのグループに分けて、それぞれ何をどのように決断するかを実験しました。

・降順グループ:56種類の内装色から56,26, 25……4と降順で決断 ・昇順グループ:4種類の変速ノブから、4,4, 6……56 と昇順で決断

佐藤:2つのグループで、どのような差異が認められましたか。

レバーブ:56種類の内装色から決断していった降順グループは、26、25と進むにつれ、次第に自分で選ぶことを放棄するようになりました。結構早い段階で「もうデフォルト(標準設定)でいいです」と、決断するのをやめてしまったのです。一方、4種類の変速ノブから決断していった昇順グループは、降順グループよりも多くのカテゴリーを自分で選択しました。

佐藤:56種類からはじめた人たちは、すぐにヘトヘトになってしまい、4種類からはじめた人たちは、しばらくヘトヘトにならなかったわけですね。最初の方にたくさん決断させれば、顧客は「決断疲れ」をおこし、デフォルトを選ぶようになる――この結果を知っていれば、店員は顧客がデフォルトを選ぶように誘導することができますね。

~引用ここまで~

これを読んでお分かりの通り、スタートから選択肢を多くすることで、

意図的に選択をあきらめさせることができるわけです。 これって、住宅新築や大規模リノベでもおんなじじゃね?

家を建てるかどうかを決めて、

建てる業者を決めた後・・・

  • 外壁材
  • 屋根構造と材料
  • 間取り
  • キッチン
  • トイレ
  • バス
  • 洗面台
  • 建具
  • サッシとその枠
  • 天井
  • 照明

・・・・と選ぶ作業が続きます

・・・選ぶのに疲れて、『おススメでいいです』と言ってしまいそうですもんね。 でもちょっと待ってください。

これから何十年も住む家ですよ?自分で決めないでだれが決めるんですか?

もし家を建ようとしている最中で、決めることが多すぎで心折れそうになっている方・・・

ここが踏ん張りどころですよ!

※まぁ、この人完全に信用できるな・・・という人にだったら任せてもいいんですけどね。。。

あ、明日から史上最強の台風が上陸するようです。。。

皆さん、不要不急の外出は避けてください。

・・・

・・・

そんな中、明日土曜日はワタクシの下の子の運動会です。

・・・

・・・

やるのかな?

 

ページトップボタン
ページトップボタン