古くてもアレすればアレよ(岡田監督就任記念)

皆様ご機嫌麗しゅう・・・

先週から一気に寒くなってまいりました。。。

天気も悪いから、洗濯物も乾きにくい。。。

いよいよエアコンの出番です。

エアコンと扇風機のダブル稼働で乾かしております。

ハナシは変わりますが 日本シリーズ・・・

連日熱い試合ですね!!

2019年と2020年のオールブラックスを知っているワタクシからするとうらやましい限りです。。。

昨日もヤクルトが9回に同点に追いついて、そのままサヨナラか?と思ったらオリックスが粘って

結局引き分け。

これで、あの幻の第8戦が見られるかもしれない。。

日本シリーズは通常第7戦までしかありませんが、引き分けが発生し、7戦を終えてどちらも4勝していないと、8戦目以降が行われるんです

因みに第8戦以降は

  • 1日開けてお互いの本拠地でやる
  • 延長無制限

なんです。超超レアなので、みたいですね。。

さて、弊社のアパートですが、空きがあんまりない状況です。。。

管理業務の上では空きがない=入居率ヨシ!!

でいいのですが・・・

ただそんな中でも、

退去後なかなか決まりづらくなってきたのが平成ヒトケタ築のアパート

すでに築25~30年過ぎていることもあり、一般的な感覚でいうと”古い”アパートです

ただ、古くても

アレをすればアレなんですよ。

・・・

・・・

・・?

これは阪神に復帰した岡田監督の通称『どん語』でございます

訳す(?)と

アレ(大規模リノベ)をすれば

アレ(古い部屋でもOK)なんですよ。。。

・・・

ただ、一部屋フルリノベーションやると、200から300万円くらいお金かかります。。。

そこまでお金をかけないで何とかならんか?とお思いの大家様が多いかと思います。

平成ヒトケタのアパートは鶴岡だけでも星の数ほどあります。何にもしないで空室を決める、

というのはまず難しくなってきております。

これからは

  1. ガッツリリノベ
  2. ちょこっと直してそこそこで貸す
  3. とにかく安くして複数空室をなくす
  4. 全空まで待って建て直す
  5. 埋まっているうちに売却する

のいずれかを選択する必要がありますが、

ワタクシ、正直不動産ですので

はっきり言いましょう。

どちらの道を選んでも楽してウハウハ、ということは絶対にありません。

  1. ガッツリリノベ
    →一部屋当たり結構な金額がかかる
  2. ちょこっと直してそこそこで貸す
    →ほぼほぼ現状維持
  3. とにかく安くして複数空室をなくす
    →実入りがじりじり減ってしまう
  4. 全空まで待って建て直す
    →物価高騰の折、新築しても利回りが非常によろしくない
  5. 埋まっているうちに売却する
    →一番リスクが低いですが、次年度税金が・・・

ワタクシ個人的には2をやるくらいなら1か3をおススメします。が、予算がない、という方が殆どかと思います。

仕方なく2を選ぶとして、効果的なリフォームは

  • 押し入れのクローゼット化
  • 水栓をすべて混合水栓
  • インターネット無料
  • 独立洗面所をつくる

このあたりです。

それも厳しい・・・という方

成約したら○○設置します、はどうでしょうか?

その物件その物件でこれがあればな…という設備は違いますから、入居してくれるのであれば、

便座を温水洗浄便座にする

とか

普通のチャイムからTVドアフォンにする

とか

これなら、入居する方もうれしいし、大家さんも入居に合わせてなので交換モチベーションも違います。

さらに、この時交換したものは、

退去した後も残ります

入退去を繰り返すと、すこしずつ設備が良くなっていくのでとってもおススメです。

洗浄便座やエアコンは、もはや売りではなく絶対ついている必須設備といってもいいでしょう。

逆に言えば、無いと悪目立ちしてしまいます。

少しでも空室を埋めるヒントになれば幸いです。

・・・

なんか真面目過ぎてこわい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン