相続対策にアパートはNG・・・(前編)

皆様ご機嫌うるわしゅう・・・

さて、こういう題名にすると、大家さんに刺さるらしいのです。

ワタクシ、最近アクセス数が増えてきたこともあり、もっとホームページ読んでもらいたい欲求(というかブログ読んでほしい欲求です・・・)が高まっております。

というわけで、今回はまじめなお話し

相続税対策にアパート、ど定番中のど定番です。

土地だけにしておくより、土地プラスアパートにして、借金をこさえると、あら不思議

資産マイナス借金で、相続税がお安くなるんです。

詳しくは相続税対策、アパートでググろう!!

が、

単純に相続税対策の為だけにアパートを建てるのはよろしくおありません。

今回はまじめに考察したいと思います。

①経年での劣化

どんなに新しいものでも、時間とともに劣化し、修繕が必要になります。

エクステリアだけでも

  • 屋根
  • 外壁
  • 外灯
  • 電気メーターボックス
  • 雨どい
  • 共用灯
  • アパート看板
  • TVアンテナ

あと盲点ですが

  • 側溝グレーチング
  • 駐車場アスファルト・白線・フェンス・縁石
  • 消雪関連設備(設置していれば)
  • ゴミボックス(〃)
  • 駐輪ボックス(〃)

このあたりですかね。。。

それプラス、室内も当然ですが傷んできます

  • 壁紙
  • 床(フローリング・畳・クッションフロア)
  • 木枠
  • ふすま・間仕切り
  • ドアノブ
  • 玄関鍵
  • 網戸

住宅機器関係だと

  • 浴室
  • トイレ
  • キッチンシンク
  • 洗面台

家電・ガス製品だと

  • エアコン
  • 照明器具
  • 換気扇
  • 給湯器
  • ビルトインコンロ
  • IHクッキングヒーター
  • スイッチ・TVアンテナ差込口
  • チャイム・モニタフォン

・・・金が飛んでいく姿が見えます。。。

残念ながら、

こういった部分が修繕されないでいるアパ・マン・貸家が結構あるんですよ。。。

手持ち資金がなく、ほぼ全額借金で建てると、その後の修繕に充てる予算がないからです。。。

修繕、設備更新の恐ろしさは、

  • 同じ時期につけた者は大体同じころに故障する
  • 一つ一つが高い
  • 昔のものだと部品の破損でも全とっかえが必要になる可能性・・・

エアコンなんてひと夏で3台4台と壊れるの、珍しいことではありません。

こういう知らせを受けるたび、ワタクシ、胃が痛くなります・・・大家さんに言いたくない。。。

しかも住宅設備も、あらゆるものが毎年値上げ値上げでコストは増すばかりです。

ヤバいくらいに古くなったアパートであれば、ほぼスケルトンから治す、という手もありますが・・・

フルリノベは数百万円のご予算で見なければなりませんからね・・・

なんだかんだでやっぱり金目なんですよ。

間違っていなかった人。落選したけど

なので、

『アパートの大家さんは左うちわでええくらししてるんやろなぁ…』

とお考えのお客様。

そういう大家さんは、ごくごくごく一部です。。大家様、皆様苦労しております。

※ワタクシはそんな正直大家様の味方です。

そして、これらの修理・交換は、マイナスがゼロに戻るだけの工事・修理なんです。

よほどいいものを選ばない限り。。。

さらに、これらのリスクと同じ、いやそれ以上のリスクもあるんですが、今日は時間が無くて。。。

木曜日に続きを書きますの。。。。

・・・スミマセン。

One thought on “相続対策にアパートはNG・・・(前編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン