賃料・条件交渉のおハナシ・・・

今回は文字ばっかりですのでご了承ください。

こないだすごいことが起こったんですよ。。。

あるお客様からありえない賃料指値(賃料を2割引相当ですよ・・・)されたので、

事務的に断りメールを入れたら・・・

その二日後、

グーグルマップに★一つのクチコミが付いたんです・・・

※どんなレビューかはマップからご覧くださいませ

クチコミ内容、高圧的とか、メール返信がないとか、名乗らないとか・・・その方への実際の対応とまるで違うので、因果関係はないと思いますが・・・

誰なんだろうなぁ

『高圧的』はそう感じる部分があったのかもしれませんが、名乗らないとかメール返信しないとか全く身に覚えがないんですよね・・・

・・・

・・・

傷ついておりますワタクシ。

というわけで、今回は賃貸における条件の交渉についてのお話です(涙)

① 賃料や条件を交渉できる物件とできないがある。

  すべてのアパートマンションは、このくらいの利益を確保したい、という賃料設定になっています。しかも新築から10年は賃料設定がいかれていない限り、半年も一年も空室が続くことはありません。俗に新築プレミア期間なんて言います。なので、築浅のアパマンは、ほぼ100%賃料等の交渉はできないと思ってください。

交渉できるのは

  • 新築から15年以上経過している
  • 空室期間が長いまたは複数空室がある

  物件です。

※①はすぐ判断できますが、どのくらい空いているかは、担当の営業に人に聞いてみるとすぐ答えてくれます。

② 交渉の仕方がすべて

これが最重要です

私たち不動産業者にとって、

借りたい方は大切なお客様ですが、

大家さんも大切な大切なお客様です。

大事なお客様(貸主)からお客様探しを依頼されたアパートを、そうやすやすと賃料下げるわけにはいかないんです。

とはいえ、物件は非常に気に入っているが、賃料の予算が○○円なので、このくらい賃下げをお願いできないか・・・みたいなお願いだと、

『大家さんにお願いしてみるか…』という気持ちにもなります。

※もちろん①の交渉できる物件であることが前提ですが・・・

逆に、他社の物件と天秤にかけてますとか、○○円引きだと借りてやってもいいといった感じだと・・・

分かりますよね。

私共のところでお断りします

で、最初の話に戻りますが、個人情報の絡みがあるので、メール内容は載せられませんが、そんな感じだったわけですよ・・・

いやー、ワタクシ高圧的からほど遠い人間だと思ってたんですが、

ホント、偶然ってこわいですねぇ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップボタン
ページトップボタン