202009typhoon

台風と退去前のお部屋の案内について

ふぇぇ・・・鶴岡で38度

フェーン現象こわいよぉ・・・

その原因たる今回の台風10号、観測史上でも指折りの規模なんだそうです。

3日午前の予想によると、6日午前9時時点で奄美近海を進み、勢力を示す中心気圧は915ヘクトパスカル・・・20200902-00010003-wordleaf-001-view元記事はこちら 台風10号、6~7日に九州上陸か 特別警報の可能性も

これを見ても、大型台風と温暖化云々と相関関係はないことがはっきりわかりますね。

本州に直撃では内容ですが、九州にお住まいの方のお気持ちを考えると、正直なんといっていいのかわからんです。

 

さて、話は変わりますが9月退去の連絡がボチボチ入っておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(震え声)

現時点では、新コロの影響で・・・という退去連絡はありませんが、これから増えていくのかどうか正直不安です。

空き部屋に問い合わせ、これもぼちぼち入っておりますが、9月末退去がほとんどの為まだ見れないわけです。

こんな時に活きてくるのが「その部屋の見えない情報・知識」なんです。

例えば

  • 洗濯機や冷蔵庫が入るかどうか・・・
    →購入予定(もしくはお手持ち)の洗濯機・冷蔵庫のサイズが分かれば即答で置けるかどうかこたえられる
  • 生活音について
    →物件の部屋の並びや、これまでの入退去履歴から、生活音について判断材料をお話しできる
  • 物件の構造、それによるメリットデメリット
    →誤解あるようですが、軽量鉄骨造だから音がしない、わけではありません。あくまでも木造より揺れにくいだけです。あとは床材にかなりの部分依存します

こういった図面だけではわからない部分をいかに説明できるかがワタクシどもの本当の仕事なわけです。

チラシに書いてあることをおうむ返しにするだけなら、案内なんて誰でもいいわけですからね。。。

人気のある物件は、”見ずに決める”というお客様もいらっしゃいます。遠方にいて内見に来れないとか、休みが合わないから取られるとまずいからとか。。。

そんな事情があって内見ができない方の不安を取り除くのがワタクシの使命だと思っています。

内見できない物件だらけですが、話だけでも聞きに鈴木不動産にお越しになりませんか?

ワタクシのハイトーンボイスで、あなたの不安を解消します。。。

たぶん、いやきっと、おそらく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)