nonara

モノだけじゃなくサービスにも対価払おうぜ・・・といったおハナシ

ちょこっと更新の時間があったので、6月最後の更新デス。

今日は朝から雨・雨・雨・・・

 

THE日本海側の梅雨といったお天気です。

ただ雨が続くと、地震で大きな被害を受けた沿岸部が心配です。

瓦業者はすでに1年待ち状態

ブルーシートをかける業者すら足りない状態なんです。

と、でだしから梅雨のようなじっとりした話題ですが、

今回は全体かなりじめっとしたハナシです

某日、海外でお仕事なさっているお客さんと仕事の話をするなかで

「日本の不動産仲介手数料って、いくらなんですか?」

と聞かれました。

売買は売値の3%プラス6万円、賃貸は賃料の1か月分と答えると・・・

「安すぎませんか?」との嬉しいお言葉

その方は欧州でお仕事されているのですが、

仲介手数料は

  • 売買仲介で10%から15%
  • 賃貸仲介で年間賃料の10%

だそうです

ワタクシ、心の中こんなかんじでしたgutpoze

だって、仲介料高いといわれることはあっても、安すぎると仰る方と会ったの、初めてでしたから。。。

仲介したら、その売買に関しての仲介責任は一生ついて回ります。

だから我々仲介業者は問題が起こらないようにさまざま調査して、特約に先回りして文言マシマシで契約書を作成するわけです。

それでまけてくれ・・・といわれると正直・・・きついっす

 

その後、日本は物価が安すぎるという話になり、さらに発展して、

日本人は目に見えないサービスにお金を払うのをことさら嫌がる、という話になりました。。。

このお客さん、デザイン系の仕事をしている方なんですが、海外だと正当な対価がもらえるのに、日本で同じことをしても、「どうしてそんなに払わなければならないのか」といわれるそうです。

実はこれ建築でもおんなじことが言えます。

設計やデザインはタダだと思っている輩がけっこういて、さんざん打ち合わせをして決めたデザインをもって、ほかの業者で同じ設計・デザインで施工するなんて話も珍しくありません。

こうやって、モノには払うがサービスは二の次にして、本来賃金や対価が発生してしかるべきものに払わない、払いたくない・・・

こういうのをそのままのさばらせた結果

サービス残業や、今治タオル工場での海外実習生の奴隷のような扱い、無休医師問題のようなことが起こるわけです。

今治タオル工場問題を放送したNHKの「ノーナレ」はこちら

無休医師問題はこちら

こういう違法な行為で賃金を削り、物価を下げ、社会全体が疲弊して、日本の国力が弱くなっていく。。。

現政権の方々、中国韓国の悪口書いて、日本サイコ―で思考停止しているどこやらの雑誌やら新聞(とその読者)の方々、あれもこれもタダでやれ、という御仁見てマスか、これが現実ですよ。

・・・

・・・

この話を聞いてほしい人、一人や二人ではききませんな・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)