クロ現プラスまとめ④ 不動産ローンの落とし穴

明日は天神祭ですね・・・

弊社も明日は午前一杯でお店締めます。。。

しかも祭りはほぼ参加できません・・・

子供の習い事(のつきそい)です

 

さて、シリーズものでお送りしております

『クローズアップ現代+』の 『密着!住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線』・・・

他人の褌で連載ものの第四回目

第一回目はこちら

第二回目はこちら

第三回目はこちら

ーーー引用ココから

CASE④“不動産投資ブーム”の落とし穴

低金利が続く中、不動産投資に乗り出し、破綻を招いたケースが相次いでいます。関西で営業マンとして働く横山佑一さん(仮名)、45歳です。4年前から不動産投資を始めました。

不動産会社 代表取締役 貝阿彌佳則さん 「今どんな状況になっているのでしょうか?」

営業職 横山佑一さん 「3軒持っていて、1軒が空き家の状況。今、正直、貯金を切り崩してお金を工面している状況。」

妻と2人の子どもと暮らす横山さん。年収は600万円ありますが、老後の資金に不安を感じていました。そのとき、会社の先輩から勧められて始めたのが不動産投資。都心にあるワンルームマンションを、妻にはないしょで3部屋、ローンを組んで買いました。

横山佑一さん 「基本的に10年くらい、ほぼ(収入が)変わっていない状況なので。今のままでずっと維持できればいいが、不安な部分をなんとか補えるような形で、家族のために残せるものは残したい。」

そのとき不動産会社からは、家賃収入があるので、自己負担はほとんどなくマンションが手に入ると説明されました。

実際に、月26万円近いローンのほとんどが、家賃収入で支払うことができました。さらに、ローンを返済し終わったあとは、家賃収入が得られると言われたのです。しかし、買ってすぐに1つのマンションが空き室に。家賃収入が減り、毎月8万円近い赤字が続くことになってしまったのです。

横山佑一さん 「自分の考えだけで突っ走ってしまうと、何の知識もなくやるのは非常にリスクがある話だと分かった。一歩立ち止まって、家族に1回相談する。ほかの意見を聞くのもすごい大事だと。」

引用ココまでーーー

ココでも、家族(奥さん)に内緒ではじめております。。。

放送で手てくる数字がかなりやばかった

三件購入して、満室想定でローン支払い後の残り月1.5万(すみませんうろ覚えですが、もっと少なかったかも)・・・

一部屋でも空いたり、滞納があればあっさり赤字に転落するという綱渡りぶりです。

破たんするのは目に見えてマスね・・・

このワンルームマンション投資・・・

はっきりいって正気の沙汰ではないです。こんなん酔っぱらった状態でF1のレースに出るレベルの狂気です。

ただ、高属性のド素人をカモにして売りまくられた結果、同様の負債を抱えた投資家(投資家と呼べるレベルかどうかは別にして)が相当数いる模様です。。。。

しかも払い終わった後、そのワンルームマンション、本当に資産になるんですかね?

 

投資は一歩間違えば全財産もっていかれる可能性があるんだ、ということを自覚して行って欲しいです。

 

とまぁ、長々続いたまとめですが、次が最終回です。こうご期待くださいませ(まだつづくのか)

ページトップボタン
ページトップボタン