202009

予防という考え方

雨がしとしとぴっちゃんですね。

明日から4連休です

GOTO、行っちゃいますか?

我が家は・・・うーん、どうしようか思案中です。

新コロがどうのこうのよりもスケジュール的なやつがね・・・

 

今回のテーマは新コロ・・・のように見せかけてやきうネタです

今年はワタクシが応援する某在京球団がぶっちぎっていて、正直面白くありません。大差で負けて接戦をきっちりとるという、三連覇した時のカープのような強さですわ。。。

で、今年二戦目で怪我離脱した小林捕手・・・

ようやく今日から一軍復帰です。

彼の魅力は何といっても盗塁阻止と捕逸の少なさです。

ただ、今年はほかの捕手もそれなりに盗塁を阻止しているんです。

  • 小林誠司通算盗塁阻止率.388
  • 2020巨人捕手陣(小林抜き)盗塁阻止率.384(39-15)
    大城卓三.360(25-9)
    炭谷銀仁朗.412(12-5)
    岸田行倫.500(2-1)

ただでさえ打撃に難がある小林ですので、居場所がなくなるのは・・・と思いすよね普通

ではこのデータをご覧ください

 

202009yakiu

これを見ると、阻止率でも大きく差がありますが、それ以上に1ゲームでの許盗塁も圧倒的に小林が優秀です。

2019年のデータを見ると

  1. 阻止率 小林:0.419 炭谷:0.250 大城:0.172
  2. 守備イニング 小林:591 炭谷:349 大城:306と1/3
  3. 盗塁企画数 小林:31回 炭谷:32回 大城:29回
  4. ゲームごとの許盗塁 小林0.274 炭谷:0.619 大城:0.705

つまりどういう言ことかというと

  1. 盗塁阻止率自体が小林が優秀である
  2. そもそも小林マスク時は、盗塁自体企画されにくい

なわけです

口の悪い言い方をすると

小林の時は一流のランナーだけ走ってその中で約4割
他の時はそこそこのランナーも走るので水増しされた数字

ともいえるわけです

つまり小林が守る=盗塁を刺す以上に予防しているわけです。

目立つ数字だけじゃなく、データを読み解くと選手の違った一面が見えます。

ただ・・・

 

小林の守備メリット以上に大城がめっちゃ打ってるんで、使いどころが難しいです正直。

明日からの四連休。皆さま、テレビで野球観戦いかがっすかね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)