koteikannen

固定観念を疑う マイホーム編① LDKアイランドキッチン

何かかっこいい題名・・・

今日はあこがれのマイホーム(中古住宅のリノベ含む)のオハナシ。

住宅を建てる(中古住宅のリノベ含む)とき、みなさんはどんなところにこだわりますか?

  • キッチンはアイランドがいい、だっておしゃれだし
  • 風呂はとにかくこだわりたい
  • ウォークインクローゼットで洋服を管理したい
  • シュークロークで靴を管理したい
  • LDKは床暖がいい、いや無垢フローリングがいい
  • トイレはやっぱりTOTOのネオで始まるあれ

いいですね・・・夢があって

で、アコガレのマイホームの計画(中古住宅のリノベ含む)をする際、

真っ先にしなければならないことそれは・・・

固定観念を捨てることです

  • 自分にとってここはその広さでいいのか?
  • そこに何をどれだけしまいたいのか?
  • そのスペースはどんな用途で使うのか?
  • その使用方法・設備が自分たちのライフスタイルに合っているのか?

・・・

マイホーム=私の家なんだから、自分たちの生活に合わせて設計するべきです。(もちろん構造上無理な要望もありますが・・・)そしてそのための設計士さんです。

※決して建売住宅をDISってるわけではありませんのであしからず

で、今回は、

LDKの主役そしてみんなのアコガレ、アイランドキッチンについて書きたいと思います

アイランドキッチンとは


islandkitchen

アイランドキッチン・・・「島」という意味を持つ言葉通り、アイランドキッチンとは、壁から離れた場所に島のようにシンクや作業スペースが配置されているキッチンのことを差します。
作業台が独立しているので周囲に余裕があり、ダイニングやリビングにいる人と対面できるという魅力を持つキッチンです。

アイランドキッチンを取り入れているお宅はとてもかっこいいです。それは間違いない。

でも・・・

オシャレの代償として

  • キッチンが丸見えになる
  • 収納が少ない
  • 臭いが流れていきやすい
  • 高い

こういうデメリットがあります。この中でも

  • キッチンが丸見えになる

こいつが曲者です。

丸見えになりながらもかっこいい生活を送るには、以下の条件を満たねばなりません・・・

  • 生活をトータルでおしゃれに演出できる
    →壁紙やら床やらをトータルでかっこよくできる
  • カラーコーディネートと性能のバランスを考えて家電製品を選べる
    →おしゃれだけだと機能が・・・昨日だけだとデザインが・・・
  • ダイニングテーブルに物をごちゃっとおかずに生活できる
    →これは簡単、そもそもうちにはダイニングテーブルも椅子もないです
  • そもそもオシャレに自信がある
    →これですワタクシも失礼にならない格好をする自信はありますが、おしゃれに自信があるかといわれると・・・・

これだけのプレッシャーを楽しめる人でないと、雑誌にあるようなあこがれのアイランドキッチンにはなりません。

で、初めの言葉に戻ります

固定観念は捨てましょう。

アイランドキッチンがかっこいいからあこがれるのはワタクシもそうですからわかります。が、本当にそれが便利なのか、自分にとって使い勝手がいい生活が送れるのか?

  • 自分にとってここはその広さでいいのか?
  • そこに何をどれだけしまいたいのか?
  • そのスペースはどんな用途で使うのか?
  • その使用方法・設備が自分たちのライフスタイルに合っているのか?

自宅はショールームではなく、毎日生活をする場です。オシャレな生活がナチュラルに送れる、もしくはワタクシのようにキレイ好きな方(おい)でないと、アイランドはお勧めできません。

最後にもう一回

固定観念は捨てましょう。

続く・・・(続くんかい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)