カテゴリー別アーカイブ: 連載モノ

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その3

超久々ブックレビュー

連載第三回目です。堂々完結

取り上げる本は 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

202007

第一回目記事はこちら

第二回目記事はこちら

今回はわが日本を蝕む貧困についてまとめました

「日本の貧困」

日本の貧困は「相対的貧困」です。

この相対的貧困、発展途上国の絶対的貧困とは違い、生命の危険と直結するものではありません。

その分、「自己責任」という言葉でひとくくりにされてしまいがちです。

ただ、この問題を放置すればするほど、社会全体に大きな影響を与えることになるんです。

①貧困が及ぼす社会的問題

まず、低収入と貧困は全く別物です。

貧困は以下のようなものを生み出します

  • うつ病
    収入400万円代世帯と収入100万円代の世帯では、100万円代世帯のほうがうつ病率が7倍も高いんだそうです。うつ病がひどくなれば、働くこともできなくなりますよね。。。
  • 生活保護世帯が継続してします
    生活保護世帯の1/4が、子供世帯も生活保護を受けている
  • 犯罪及び再犯率の高さ
    再犯率が50%、うち70%が無職

生活保護も、刑務所の運営費もすべて税金で賄われています。これでも自己責任で無関係といえますかね?

②女性の貧困と風俗

某タレントが問題発言する前から、貧困と風俗は不可分な問題です。

女性 貧困 風俗でググると、関連記事や本がでるわでるわ・・・

女性が風俗(ありていに言えば買春)に手を染める原因は、
お金だけではなく性的暴力被害に遭ったことが引き金になっているケースも多いんです。

で、風俗に身を賭してしまうと、風俗に対して自分なりの意味を見つけてしまうわけです。。。

そこで違法薬物を(半ば強制的に)使われ、中毒者になる・・・

そんな大げさな・・・と思われるかもしれませんが、実際、少年院の少女の入所者覚せい剤取締法違反」が24.7%を占めトップなんですって。

③少年犯罪

著者は昔と比べて、少年犯罪を起こす人間関係が非常に薄っぺらなものになっていることを指摘しています。

家族からも社会からも孤立した子供たちが、非常に弱い繋がりだけで一緒にいる。

そんな子供たちが、川崎市中1男子生徒殺害事件のような犯罪を起こすわけです。。。

※この事件については、著者のWEB記事を是非お読みください。少年犯罪=少年法の成人年齢引き下げの問題ではないことがよくわかります。

貧困=○○○○感の低さ

ここまで紹介した貧困についてですが、すべての貧困に通じる最大の問題、それは

自己肯定感の低さ

自分の価値が低いと思うと、自分なんてどうなってもよいと考えてしまいます。それは、著者曰く心のガン(ワタクシも言い得て妙だと思います)

貧困にあえぐ人たちは家庭内暴力や育児放棄を受けて育ち、自己肯定感をはぐくむ機会さえ与えられていないケースが多いです。だからこそ、周りのサポートが必要なんです。

とまぁ、大体はまとめられたかなぁ…と思いますが、一番は、貧困という問題は確実に日本をむしばんでいるということを認識することです。

関心を持たなければ貧困世帯はそこから抜け出すことは難しくなり、アメリカのような超格差社会が生まれるだけです。ワタクシもできることは限られていますが、貧困を少しでも克服できるような仕事をやりたいと思っています。。

いやぁ、かなり気合を入れてレビューしたんですが、難しいもんですね。

とにかく、貧困は自己責任ではないことだけは、ブログ読者諸兄にご理解いただければと思います。

 

懲りずにまたレビュー、頑張ります。

※次の奴も重めの奴になるので、時間かかりそうですが・・・

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その2

超久々ブックレビュー

連載第二回目です

一回目からの続き本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

202007

前回は、そもそも「貧困」とは何かについてレビューいたしましたが、今回は、貧困がもたらす問題点をまとめつつレビューしたいと思います。※もはや不動産屋関係ないですね。。。

「貧困」の問題点

貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」があることは前回触れましたが、それぞれ、問題がちょっとずつ違ってきます。

絶対的貧困から生まれる問題は、思っている以上に複雑です。

①スラム

まず、スラムですがこんな特徴があります

  • 土地の不法占拠
  • 過密
  • インフラ整備が不十分
  • 下水がないので非衛生的
    ※ナイロビにあるキベラスラムには、人口100万人超に対してトイレが6000個しかないんだそうです。。
  • 貧困が貧困を生む

で、このスラムはどんどん巨大化します。理由は…

  • 戦争や災害が起こると、住む場所を失った人がスラムに移り住む
  • スラム居住者は多産が多い

当然環境が劣悪なため、平均寿命は短く、産まれた子供も1/5が5歳未満で亡くなってしまいます。

②児童労働者

次に世界中におよそ1億5200万人いるといわれている自動労働者

  • 教育の機会が奪われる
  • 命の危険にさらされている

と、子供の人権無視の状態が続くわけですが、だからといって単純に減らせばいいというものでもないようです。

パキスタンで、児童労働をさせている工場から子供を施設で保護したところ、その収入を当てにしていた家族は生活が成り立たなくなり大人は出稼ぎに行き、家族と一緒にすみたい子供は施設を抜き出したものの、今度は働くところがなく、マフィアの下で犯罪に染める・・・ということになってしまったそうです。

善意の押し付けが、より悪い結果につながることがあるという悲しい見本です。。。

③ストリートチルドレン

世界中に1億人いるといわれるストリートチルドレン、ここにも過酷な現実があります。

子供だからかわいそう・・・と思われるのはせいぜい12歳以下で、それ以上の子供たちは、

  • 肉体労働(ダイヤやレアメタル採掘で使い捨てされてるそうです・・・)
  • マフィアに入る

くらいしかなく、それにすらなれない子供は

  • 臓器倍場
  • 性の道具

にされてしまうわけです。特に女性のストリートチルドレンは、大きくなるとほかのストリートチルドレンに性的暴力を振るわれるので、だったら売春したほうがましというわけです。

しかもそういう売春させられている子供を保護しても、90%が元に戻ってしまうんだそうです。考える力が奪われ、その環境を受け入れてしまっているわけです。

さらにストリートチルドレンは、稼いだわずかなお金すらためておくとほかのストリートチルドレンに奪われるので、その日のうちに使い切なければならないので、ここから脱出するのは個人の努力ではどうにもなりません。

インドの物乞いしている子どもは、同情を誘うために、目をつぶされていたり、熱湯をぶっかけられるんだそうです。。

※読んでいてもはや同じ地球で起こっていることとは思えませんでした

こういう夢も希望もない世界に生きていると、結局ドラックに手を出し、どんどん闇の世界へと落ちていく・・・

ここまで、「絶対的貧困」についてまとめましたが、日本の貧困問題とは質が違う、というのはなんとなくわかると思います。少なくとも日本にはストリートチルドレンは(ほぼ)いませんから。。。

ただ、日本の貧困は、物質的には「絶対的貧困」よりはるかに恵まれていますが、問題の質が違うだけで同じように問題だということがこの本を読むとよーーくわかります。

というわけで、次回に続きます(まだやるのか)

 

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その1

来週はオリンピック開会式だったはずの連休

せっかく連休、遠出するのもなぁ・・・という方に、今回は是非読んでいただきたい本があります。

それがこちら(一応手前の右側の本です)

202007

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

ん、何だお前「意識高い系」か?とお思いの方もいらっしゃるかと思ますが・・・

はいそうです
意識高い系です

・・・

・・・

さてこの本、若い子向けに貧困とは何ぞやを書いた本(冒頭から17歳の君へなんて言葉が出てきます)ですが、40ちゃいのワタクシが読んでも考えさせられる本です。

不動産業は貧困とは真逆の方々とも、困っている方とも触れ合うことが多い職業ですので、こういう問題を知らぬ存ぜぬでいいわけないですよね!

久々ということもありますが、気合い入れてレビューしたいと思います。

え?本業の不動産業は?

最近まで本業&別の顔が結構ゴニョゴニョだったんで・・・

 

「貧困」とはなにか

まず貧困とはなんぞやですが・・・

国連機関のUNDP(国連開発計画)では「教育、仕事、食料、保険医療、飲料水、住居、エネルギーなど最も基本的な物・サービスを手に入れられない状態のこと」を貧困の定義しています。

そしてこの貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」があります。

①絶対的貧困

絶対的貧困を短くまとめると

  • 食料や衣類など人間らしい生活の必要最低条件の基準が満たされていない状態
  • 一日を1.9ドルで食うや食わずの生活(例:ストリートチルドレン)
  • 世界の総人口の約10%の7億人近くがこの状態

で、この絶対的貧困、実は減ってるんです。(20年前:全人口の28.6%→現在:10%)

少なくとも昔よりもひどくなっているわけでは無いという事実は、まず知っておくべきだと思います。ただ、前よりも改善されているとはいえ、7億もの人々が絶対的貧困の中で生活しているわけです。
この絶対的貧困・・・

単純にその人の人権の問題だけではないんです。それは想像を絶する世界です。。。(連載の中で詳しく書きます)

②相対的貧困

相対的貧困を短くまとめると

  • 国や社会、地域など一定の母数の大多数より貧しい状態
  • 所得基準だと「国民の所得の中央値の半分未満」
  • 日本の場合、年収122万円以下が相対的貧困

相対的貧困は、絶対的貧困と違い、衣食住は(限りなく低いレベルで)なんとかなっている状態です。実際日本で一日1.9ドルで生活するような人はほぼいないと思ます。

ワタクシも大学時代、リアルに金がなくてお湯でおなかを満たしたり、半額の弁当をさらに二等分にして二食分にしていた時期がありましたけどね・・・あの頃には戻りたくないなぁ(切実)

相対的貧困は、日本の全世帯の16%程度ですが、このままだと非常にまずいです。単純にその世帯だけの問題にとどまらず、相対的貧困は連鎖を生んでしまうんです。

例えば生活保護、生活保護世帯の20%がその子供の世帯でも生活保護を受給しているんです。生活保護が増えれば増えるほど、国の財政を圧迫するわけです。
「貧しいのは自己責任だ」
とか
「絶対的貧困と比べると、日本の貧困は甘えだ」
とか

こういった自己責任論は、正直貧困問題解決に何の役にも立たないばかりか、貧困への無理解・無関心・偏見を助長することになります。(完全に偏見ですが、赤い表紙の保守系雑誌のあれを読んでる人が言いそうですね)

漫画家の西原理恵子さんが漫画でも描いておりましたが、貧乏・貧困は底なし沼のようなもので、一度落ちたら自力で抜け出すのは非常に困難なんですわ。
※リアルな貧困話を辛気臭くなく語るのは、この人の右に出る者はいないと思います
詳しくは西原理恵子 貧困」でググってみよう!

そもそも、絶対的貧困には絶対的貧困の深刻な問題があり、相対的貧困には相対的貧困の深刻な問題があり、どっちがよりましか、という問題ではないです。

この貧困について、次回もっと掘り下げてレビューしてまいりたいと思います。

2019yahikoryokou (5)

今更旅行・グルメマップ番外編 燕・弥彦編②

皆様木曜日予定が本日(金曜日)となりましたことをお詫びいたします。。。

 

いや~

掲載まで時間がかかるとだめですね。

やや記憶があいまいなところがあるので・・・

 

それでは、燕弥彦旅行の後編です

前編はこちら

旅館での一コマ

下の子の浴衣での歩く姿がめっちゃ可愛かった、踊りのお師匠さんみたいにしゃなりしゃなりと

なんかワタクシよりも様になってたんだよなぁ・・・

 

で、翌朝弥彦神社の参拝と、弥彦山のロープウェイに行ってまいりました。

2019yahikoryokou (22)

参拝後、このあたりで有名な分水堂菓子舗のパンダ焼き

 

弥彦山・弥彦神社は新潟最大のパワースポットなんだそうです。確かになんか肩こりが取れたような・・・

 

この後、あっぷるぐりむピッツェリアでお昼を食べて、のんびり帰宅しましたとさ。

 

あっぷるぐりむと三宝と里味、新潟県の三大ファミレス(里味だけまだ未訪問)

旨いです。そして土日はやばいくらいに混んでます

で、

新潟もいいところですが、長野がさらにいいところなのがまたね。。。

何食べてもうまいです。

※ほんとは北陸にも行きたいのですが、いかんせん新潟が長すぎる・・・

長すぎる・・・

というわけで、真夏に更新した冬の弥彦旅行いかがでしたか?

近々また旅行編UPしますのでお楽しみに。

2019yahikoryokou (5)

今更旅行・グルメマップ番外編 燕・弥彦編①

今日から休み明けの皆様。

もしかして避暑地にバカンスにお出かけのセレブリティの皆様。

灼熱の地獄へようこそ・・・

だれだよ冷夏かもしれないとか期待持たせるようなことを言ったの・・・

さて、

ワタクシども

金曜日と土曜日の午前は仕事でした

金曜日と土曜日の午前は仕事でした

金曜日と土曜日の午前は仕事でした

大事なことですので三度言いましたよ三度

おかげで休みボケはあまりありません。休み中も・・・

  • 8/12に母校のやきうぶOB戦にちょい役で参加
    ※久しぶりに硬球でやきうやりましたが、20以上も歳の違う現役世代からヒットが打ててよかったですわ。
  • 巨人広島戦の観戦(このためだけにスカパー契約する熱の入れよう)
  • 8/17花火鑑賞

以上です。

だって暑いんだもの・・・

ただその前の週、二泊三日で糸魚川から妙高高原(全然涼しくない)そして長野飯綱のワイナリーへと旅行へ行っておったのです。

ので、その旅行の記事でも・・・

・・・

おっと、その前に、6月にUPを告知してた内容、ひとつしかUPしてないじゃないか。。。

※ちなみに自分の首を絞める告知をした記事はこちら

というわけで、予告通り今年の冬に行った新潟燕・弥彦周辺珍道中をお送りいたします。 続きを読む

1000knock

空き部屋1000文字ノック① メゾンJUN201

暑いですね。

そして、私のミートグッドバイの治りが悪い・・・

この間アパートの階段でこけたのが悪かったな、絶対

サッカーのゴールした時のポーズみたいになってたもんなワタクシ。。。

goalpafo

これです、涙でそうでしたよ・・・

さて、

我が鈴木不動産株式会社で扱っている賃貸物件・・・

勿論全室埋まっているということはありません。

そこで、空き物件の魅力を余すことなく伝える記事でも書いてみようかと始めたのが、この・・・

1000文字ノックです。

今回は、鶴岡市上畑町7-25にございます。メゾンJUN201をご紹介します。

図面

図面です

untitled

外観写真

建物は昭和62年新築ですので、すでに30年超えております。

古いです。でも、ビンテージアパートだと思えば味わいもあるというものです(おい)

そして駐車場が砂利なのもちょっと、ね・・・

内装は、ワタクシチョイスできれいにしておりますが、いかんせん風呂トイレキッチンは新築時のものそのまま・・・

でも、ちゃんと使えます!!(当たり前だ)

そして、何と樹脂サッシで二重ガラスの窓なんですよ!!昭和の建物で二重ガラスはすごくレアです。

この物件の最大の魅力は、何と言っても立地です。

山大・看護学校・荘内病院・駅周辺まで徒歩10分でいけちゃいます。

予算はないけど、一人暮らししたいなぁ・・・という方にはおススメですよ。

あと、忘れちゃいけないのがお隣に鶴岡の知る人ぞ知る人気店、『坂田とちもち』やさんがあります。

このお店のとちもちは絶品です。何個でも食べられます。

※私の小学時代、このお店の前が通学路だったのですが、下校時にはほぼ完売しており、完売しているかを友達と賭けをしながら帰ったのはいい思い出・・・

お店を切り盛りするお母さん、いい人です。

そして実はアパートの影の管理人さんです。

何か異常があると私どもにすぐ連絡くださるんですよ。ホントありがとうございます・・・

ただ、このメゾンJUN201 現在エアコンがありません。。。

ただ、賃料アップでエアコン取り付けも可能ですので、御相談くださいませm(__)m

と、こんな感じで約1000文字使って一物件を紹介する1000文字ノック・・・

なんせ1000文字打てないとUP出来ないので、早々頻繁には更新できませんが出来る限り続けてまいります。

 

※※2019年7月6日この記事を投稿してほどなく、申し込みが入りました!!※※

 

2018nasufukusima (71)

那須旅行おまけ レストランあぶくま

サボっているわけではないんです。

仕事してるんです(迫真)

いよいよ那須旅行もこのおまけでおしまいです。

ワタクシ共、ご当地ファミレスに目がないんですわ。

で、レストランあぶくま、行ってまいりましたよ。

旅行帰り、閉店ギリギリで間に合いそうだったので、法定速度でぶっとばして到着

 

いいっすね、こういうレストラン。大好物です

ただ、近くに道の駅があるので、そちらの誘惑に負けそうになる・・・

 

今週はあまり更新できなかったですね。。。諸事情バンクがあったものですから・・・

明日更新できたら、まじめなネタやりますのでぜひお立ち寄りくださいませ

 

 

2018nasufukusima (49)

いまさら2018那須旅行レビュー 前篇

地震の影響、ちょぼちょぼ出ております。ブロック塀とか、基礎のクラックとか・・・

あと、ワタクシのもう一つの顔の方某バンクでも、来るはずの視察がキャンセルになったり・・・

まだまだざわざわした日々が続きそうです

 

さて、気を取り直して、予告通り

いまさら2018旅行のまとめUPします。

去年の夏、ワタクシ一家は那須高原旅行へ行ってまいりました。

ええ、、、

後半天気に恵まれずしんどい旅行でした。

初日

福島経由で一気に那須まで

途中酔ったのが、リバーロックというレストラン

リバーロックホームページはこちら

我が家、ご当地ファミレスがあると吸い寄せられるように寄ってしまう習性があります。

ココは美味しかったなぁ(昨年のハナシ)

で、二日目は

午前中 藤代誠治美術館 ホームページはこちら

中は残念ながら撮影禁止でしたが、本当にきれいな展示で、特に花火の切り絵なんかはなぜかジーンときます。。。

 

この後あれやこれやといってきたのですが、

後半へ続く。。。

 

※冷静に考えると地元がエライことになってるのに旅行記UPするなんて・・・

しかも一年前・・・

 

一応断っておきますが、ネタ切れではありませんよネタ切れでは

 

 

kurogen+

クロ現プラスまとめ⑤ 最終回

なんやかんやと今週は更新もままならず・・・

お久しぶりです。

他人の褌で連載ものもいよいよ最終回です

『クローズアップ現代+』の 『密着!住宅ローン破綻 サラリーマン危機最前線』・・・

第一回目はこちら

第二回目はこちら

第三回目はこちら

第四回目はこちら

続きを読む