カテゴリー別アーカイブ: お役立ち情報

202007ametotochi

雨と土地選びについての考察、IN鶴岡市・・・

しつこく降る雨ですね。。。

この長雨・集中豪雨が令和2年7月豪雨と名付けられたようです。

さて、我が鶴岡市(中心市街地です)はここ週十年、河川決壊レベルの洪水は起こっておりません。(ギリギリ床上浸水のような被害はあったようですが)

ただ、今後もぜったい起こらないかどうかは、正直誰もわかりません。

鶴岡市ももちろん、ハザードマップを作成しておりますが・・・

鶴岡市中心市街地のハザードマップ

見てみると・・・hazardmaptsuruoka

・・・

・・・

鶴岡市ほぼ全滅やんけ・・・

よく鶴岡で土地を探している方が、豪雨や決壊のニュースに触れて安全かどうかを気にされますが、ハザードマップでみるとと4小から6小の辺りくらいしか安全なところがありません。

前回のブログで触れた通り、豪雨は過去の自然変動の範囲よりも多くなっているとは言えません。

少なくともこのあたりの降水量が過去44年増えてきている、という客観的データはありません。kousui

因みに日本全体ではどうなん?という方に、こんなグラフがあります。

nihonkousuihensa

偏差比較すると、雨が多かった年と少なかった年と、温暖化との相関性がないのがはっきりわかります。

一つ目のグラフはワタクシ制作ですがそのデータと、二つ目ののグラフは気象庁HPより引用です

何が言いたいのかというと、
鶴岡市の中心街地であればどこに住んでもリスクはそれほど変わらない、ということです。

そもそも気候の変動は不確定要素が大きく、どうなるかなんて誰もわかりません。自分が住みたい町に住みたい家を建てるのが正解だと思うんです。※万が一のため火災保険に加入するのが前提ですが。。。

土地を探している皆様、過度の心配は良い土地との出会いを遠ざけてしまいます。扇情的な報道に惑わされませんよう。。。

教えるのとあらさがしするのは違うよね♪

早いもので7月・・・初夏ですよ。

初夏といえばこの曲ですよね。異論は認めない

さて、プロ野球も12試合が終わりました。

今年は120試合しかないので、すでに全日程の1/10終わったのか・・・

さて、わが巨人が絶好調です。なんか信じられませんが何となく強い。

巨人戦、東京ドームだとチャンステーマ(略称チャンテ)が流れるので、

もう観客にいらないんじゃ・・・とさえ思います(おい)

今年の岡本はなんだか威圧感があり、偉大なバッターへの階段を着実に上っているように思います。

6/30のDeNA初戦のタイムリーヒットなんか、待っていない球を合わせて逆方向でしたから、今はめちゃくちゃボールがよく見えているんでしょうね。

広島の鈴木と高いレベルで打者タイトルを争いそうです。

で、教え方って大事だなって最近強く思います。

例えば打つときに体が突っ込む人の場合、

「体が突っ込んでるぞ」といわれても、じゃあどうやって突っ込まなくするかがわからないとどうしようもないわけです。

ワタクシの場合、バットに当てたいがあまり極端に早く、しかも前で当てようとしていました。

そんななか、チームメートから

「ミットに入るタイミングで打て」

といわれてやってみると・・・

これがちょうどいいんすよ。

ピッチャー側の肩も開きにくいし

ようやく”バッティング”できるようになりましたとさ。

・・・

で、因みに上の話、

ごく最近の話です・・・

ええ・・・

ワタクシもう40でぇす(震え声)

こういう指導というか助言、もっと早く聞きたかった(涙)

今は野球も技術系YouTubeがたくさんあり、非常に勉強になります。

教え方もコツのつかみ方も説明してくれてます。変な指導者に変な癖や価値観を植え付けられるよりも、ずっとためになりますよホント。

悪い部分を指摘するのはちょっとかじるとできるのですが、具体的な解決策をどれだけ提供できるか、これが重要ではと思います。

アパートでもここが不便、と思ったらDIYでできることたくさんあります(もちろん原状回復できる範囲で)

そういう助言ができるのは、ワタクシが不動産屋だから、というのもありますが、今でもアパートに住んでいるからでございます。

で、ワタクシのブログ内でもDIY紹介しております。

どうです、築30年の木造アパートだって、やりようによっては楽しく暮らせるんですよ。

家を建てればいいってもんじゃないんですよ(半ギレ)

・・・

え、

二年前の記事だって?・・・

またなんか作りますのでどうかお許しを。。。

 

20200518renobe

コロナの影響 意外なところにも

今週から鶴岡市の小中学校も無事平常運転に戻り、一安心です。体温計測とマスク必ずのどこが平常?という突込みはさておいて

ようやくあまり引け目を感じずに外出ができるようになりましたが、飲食店をはじめ、物販の方々はものすごい負の影響を受けていらっしゃいます。

ワタクシもテイク・アウト結構利用してたんですが・・・あんまりテイクアウト自体知らないんですよね悲しいことに。

そんな中、思わぬ影響を受けているというお話

提案型リノベ・リフォーム業者さんから

提案型リノベ・リフォーム業者さんから聞いたのですが、

大規模リフォーム・リノベの打ち合わせが非常に増えているとのこと。

曰く家にいる時間が長くなると・・・

  1. 家の中の不便を今まで以上に感じるようになる
  2. リフォームリノベを真剣に考える時間が増える
  3. お願いした工事ができる業者は多いが、提案からできる業者は少ない

というのが理由なのではと推測されておりました。

確かに

食器洗いが日に三回あれば、シンクが使いづらかったり、低かったりといった不便、さらには食洗器があれば・・・をいままでより強く感じるわけですからね

お風呂だって、洗っても洗ってもきれいにならないとなると、そろそろ新しい、しかも断熱効率のよいものに替えたい・・・となるのもうなずけます。

洗濯も、新コロ関係ない部分が多いですが、今後部屋干しがメインになると考えると、部屋干しからクローゼットへのの動線がいい間取りがスタンダードになります。絶対です(迫真)

新コロ以降 家の役割変化

今後、家が

  • 職場
  • 寝室
  • 団らんの場
  • デートスポット

なんてことにもなるかもしれません。。。(正直ワタクシそんな馬鹿なと思って書いておりますが、同調圧力やらマスコミの報道やらの影響は計り知れませんから・・・)

となれば、使いやすい、居心地がよい、集中できる、安心できるという多機能を【皆さんの我が家】は求めらるわけです。

持ち家の方であれば、今後、どういう風にリノベすればよいか?を示してくれる業者さんがガンガン伸びてくるのかなぁと思います。※相談なら、ワタクシも乗れますが・・・

問題は賃貸住宅

今までは

  • 坪単価が安い
  • 利回りがいい
  • 出来る限り平凡な間取り(汎用性を持たせるため)

といった物件がもてはやされていました(あくまでオーナ目線です)賃貸業は商売ですので、そこを突き詰めた物件は一つの正解でした。

ただこれは新コロ前の常識

今後自宅滞在時間が長くなるほど、「職場としても使うし、多少家賃が高くても居心地が良い物件を選びたい」

そういうお客さん、じわじわ増えるんではないでしょうか?

残念ながら、そういう物件、鶴岡にはほとんどといっていいくらいありません。今年新築した上畑町の物件なんかはピンズドなんですが、二区画しかないうえに埋まっちゃってますので(自慢)

そういう物件、もっと増やしていけたらなぁと思います。

因みに上畑町の新築(すみません、勝手にワタクシプロデュース物件と呼ばせてもらってます)に入られた方からこんなお言葉をいただきました。

「無垢フロアとしっくいのおかげでぐっすり眠れて、新生活の不安をあまり感じずに過ごせている。家にいるのが楽しい」

生活の質を、賃貸だからといって落としたくない方のための物件だったので、本当に涙ちょちょぎれるほどうれしいです。。。

こういったリノベやら新築の、何かに尖った物件を鶴岡市でやりたいオーナー様、絶賛募集中です。よろしくお願いいたしますm(__)m

・・・

と、こんなことをかいておりますが、築30年前後の木造アパート、実はワタクシどもで結構な数管理受けております

これからどう使っていくのか、いろいろ腹案ございますので、アパート貸家、古くなってきたけどどうすんべ、というお客様、一つ良しなにm(__)m

鶴岡市で土地・建物売りたいお客様も、良しなに・・・良しなに・・・

久々毒だし速報~マルチまがい商法~

今月は更新多めでお送りしております。

ワタクシ、以前記事で嫌いなものはきれいごと(ときゅうり)と書きました。その時の記事はこちら

じつは、嫌いなもの

もう一コあるんです。

それは・・・

マルチ(とそれににた商法すべて)まぁア●●●イとかそういった類全般です

某日、私共の会社にも来たんですよ。

お客さんに整水器を売らないかと。

で、こちらの都合もお構いなしであれだこれだとペラペラしゃべるしゃべる・・・

自分の紹介した人が売れば、元付として利益が入る・・・

えーっと

これってマ〇チです・・・よね?

興味はないしつまらない話だったので話は1/1000くらいで聞きながら、「このままではいつまで居座るかわからん」と思い

ワタクシは10万人以上の治験データをとり、効果が証明されたもの以外使うつもりも売るつもりないし信用しないと切り出したところ

結局具体的なデータは一切出てこず、挙句

「その会社のHPを見ればエビデンス書いてある」

だそうです。

・・・

・・・

・・・

あのさぁ・・・

正直ワタクシ、水に興味ナッシングです。あとデータがあるんならあるでちゃんと準備して来てね(憤怒)※まぁ、10万人以上の治験データなんて、どこにもなかったんですけどね。

100歩譲って研究で立証されてないけれど、確実な効果があるのかもしれませんから

その製品が実はものすごくいいものだったとしても

  1. アポなし突然訪問
  2. しかも昼時間 (このせいで昼ごはん食えなかったじゃねーか)
  3. 最終的に二時間も居座る(ワタクシ他のアポがあったので中座しましたが、そのあと水関係ないものも勧めてたそうですわ)

誰がこんな人から買いますか?

・・・

というわけで

某日にいらしたお方&健康系の商品をうちルートで勧めたいお方は、

  1. 訪問の事前予約(あとアポも昼時間はやめてくださいお願いします)
  2. 健康・疾患に効果があることを証明するデータ(母数10万人以上の治験データ)を持参する
  3. 持ってくる商品または成分が週間〇性とかフ〇イデーではなくネイチャーORサイエンスといった超一流科学誌に掲載された確固たる証拠を持参する

以上のルールを厳守願います。

改めて書きますが、うちは不動産屋(たまに保険屋)ですので。

 

もちろん、鶴岡市で不動産売りたい人は是非ご相談ください。土地・建物問いません

そっちはエビデンスだ何だは不要ですので(はぁと)

 

知らないと恥ずかしい話・・・

いよいよ鶴岡でも夏日、初夏の足音が聞こえてきますね。

さて最近気づいたのですが、ワタクシ・・・

白シャツ、ネクタイつけないと絶望的に似合わないようなんです。

なので、どんなに暑くても、たぶんワタクシネクタイ着用しておりますが突っ込まないでください。

見つけちゃった恥ずかしいツイート

さて、今回は珍しくツイッターで拾った話題です※一応ワタクシツイッターアカウント持ってます。

こんなツイートを見つけたのでご紹介させていただきます。

※立川雲水氏が今後ツイート削除する可能性もありますあしからず。

うーん、何というか・・・

ワタクシ現政権信奉者ではありませんが、このツイート強烈に恥ずかしいですね。

着座でボタンを外すのは、ジャケットに不自然なしわができないようにするマナーですからね念のため。ワタクシも着座で外して立つときボタン付けてますから、立川雲水氏から見ると頭空っぽなんでしょうね。

知らなければ一生知らない?

こういうことってちょっと調べればわかること・・・と思うのですが、こういうことって

  • 学校で教えてくれない
  • 親が知らなければ親も教えてくれない
  • 会社に入っても上司が知らなければ教え(ry

と、やや無理ゲーなような気もします。でも、知らないとこういう風に恥ずかしい目に合うという、かなり理不尽なのが世の中なんですよ・・・

他にも、了解と諒解と瞭解なんて・・・

「了解」が「諒解」の当て字、というのは言い過ぎかもしれませんが、1956年の「同音の漢字による書き換え」という通達以降、「諒解」と書こうとする場合は「了解」に改めた方が良いことになっており、活字メディアはこのルールをかなり厳格に守って校正しています。

だそうですよ。

誰が教えてくれんだよこんなこと。

誰かが教えてくれなくても、恥をかくのは自分という理不尽。。。不動産だと一番わかりやすいのは『ユニットバス』

ユニットバスとは

工場などで予め防水性の高い素材を用いて天井・浴槽・床・壁などを成型しておき、現場に搬入した後にそれらを組み立てる浴室のことである。間取図などで用いられる記号はUB

Wikipediaより引用

なのでトイレ風呂が別になっているユニットバスもありますからね。。。

というわけで、自分が???と思うことにもなにか理由があるかもしれませんので努々ご用心を。

不動産と言えば、あれが届くころです。

固定資産税・都市計画税の・う・ぜ・い・つ・う・ち・しょ(はあと)

不動産は、自己使用していないものは利益を生まない限り固定資産分赤字です。

もうどうやっても使うことはないだろう土地や建物は、(私だったらですが)手放しを考えます。

で、手放しをお考えの方、鶴岡市の売土地売・中古物件(特に旧市内)はいつでもウェルカムですので、ご相談くださいませm(__)m

2020taki

遠出していきたい場所シリーズ①

新コロが収束したら食べたいグルメをちょこっと紹介。白糸の滝ドライブインの滝バーガー&カレー

どちらも絶品です。

不動産業の今後どうなるんだろ

ここまでテンションダダ下がりの連休は生まれて初めてです。

新型コロナ禍、ここまで広がるとは思ってもみませんでした。

私共不動産業界は、こういった経済の影響を遅れて受けるので、3か月後、半年後が怖いです。すでに問い合わせの電話・メール等はがっつり減っておるのですが・・・

とはいえ、鶴岡に土地を必要としている人も、売家を必要としている人も、アパートを探している人もゼロではありません。継続で探している方も何人かいらっしゃるので、

鶴岡市内の不動産の売却をお考えの方は是非ご相談くださいませ。

査定は無料・・・ですが、これはどこに頼んでも原則一緒です(ぶっちゃけます)

この不動産査定、高値の査定するところが良い、というわけでもないんです。

なぜなら、査定金額で売れる保証はどこにもないからです。

仲介欲しさに割高査定して専任媒介取って「いや~この値段だと売れないので値下げしませんか?」は、悪〇不動産の常とう手段です。

かといって業者買取となれば、市場価格よりもガッツリ下げないと買い取ってはくれません。

私は、取引事例や相続税路線価、固定資産税路線価はもちろん参考にしますが、最後の最後は売主さんがその売値で納得するかどうか、が重要だと考えております。

もちろん市場価格から大きく逸脱していれば事例でご説明しますが、理由があっても値を下げたくない、別に安くてもかまわないからすぐに売りたいという場合はその意思を尊重します。

そうやってお客さんとの間に壁を作らないで一緒に売却・購入を進めていきたい・・・なんて甘ちゃんなんでしょうかね?

さて、アフターコロナなどという言葉がでてきましたが、これからは”不動産の所有”への見方が少し変わるのではないかと思います。

今までは住宅ローンの超超低金利を追い風にして、住宅は何が何でも持ち家という方が圧倒的でしたが、これからどうなるか。所有リスクヘッジのために賃貸割合が高くなるのか、資産の側面を重視して持ち家信仰がより進むのか・・・

明日のこともわからないワタクシには想像もつきません(おい)

さてこの無駄に大型連休、巣ごもり中心となるかと思いますが、こんな感じで我が家は元気です。

DSC_0293

手作りパフェ

DSC_0291

個人情報ダダ洩れ写真

DSC_0308

イイ感じにたたずむ弟

20200502 (4)

県内某所の桜の木の下で。

それではまた連休明けにお会いしましょう

202004senntaku

部屋干しのススメ とくに鶴岡みたいな裏日本は・・・

いつの間にか4月20日

今日は朝から雨ふり・・・

さて、アパートの案内時、『洗濯物を外に干せるかどうか』を気にされる方が結構多いです。

はっきり言いましょう。洗濯物を外に干さなければならないというのは、思い込みです。

部屋干しのほうが間違いなくいいんです(断言)

そもそも庄内では外干しが可能な時期は超短いです

  • 春(4~6月)
    冬と比べるとイイ天気の日が多いですが、花粉・黄砂が飛び変い、あまりいいコンディションではありません。
  • 夏(7~8月)
    この時期はガンガン干せます、が風が強いのでぶっ飛ばされること多いです。
  • 秋(10~12月)
    意外と雨が多いので厳しい
  • 冬(1~3月)
    雨・雪&寒いので外になんか干せない

一方部屋干しだと・・・

  1. 天気に左右されない
  2. 人に見られることがない
  3. 風で飛ばされない
  4. 花粉や黄砂がつかない
  5. いちいち寒い外に出る必要がない
  6. 取り込み時に蜂やら蚊やらが入ってこない
    ※以前外に干したシーツにでっかいアシナガバチがついていたときは、めちゃくちゃビビりましたとも。

と、換気や除湿を気にすれば間違いなく室内のほうが干すのに向いています。

物件案内の時もこの話をすると、外に干しにくい物件でもあら不思議、決まったりするんですね。あくまで部屋に魅力があることが前提ですけどね・・・

本当に必要なのは干すことができる部屋のスペースです。これは、何も条件の悪い庄内に限った話ではありません。

関東でご覧になっている読者の皆様、是非、部屋干しお試しください。

最後に、部屋干しはにおいが・・・という方

わがやでは全く臭いしません。

部屋干しのにおいをつけないためには

  1. 洗濯層の洗浄(1~2か月に一回)
  2. 洗濯機のふたは基本空けておく
  3. 洗濯物を洗濯層に入れて放置しない
  4. 洗い終わったらすぐに干す&すぐ乾かす
  5. 洗濯クズキャッチャーはこまめにゴミを取る

このあたりが大事です(これ干す場所関係なく大事ですね)

で、皆さん、洗濯王子ってご存じですか?

洗濯にフューチャーしているこのお方も、年中部屋干しとのこと

一年中部屋干し”の洗濯王子直伝【臭わない部屋干し】成功の極意と便利グッズ

引用すると・・・

「きちんと洗えていれば、部屋干しにはメリットしかありません。外に干すとほこりや花粉で意外と服が汚れます。窓の外側の汚れが全部服についてしまうイメージです。おまけに紫外線で焼けるし、天候にも左右されるし、冬場は特に昼間の短い時間しか干せないし…。ほら、外干しって大変なことばかりじゃないですか?(笑)」

ほぼ言ってることだいたい一緒・・・

・・・

・・・

もしかしてワタクシも洗濯王子だった・・・?

無垢材がいいですね

劇的リノベ ビフォーア〇ター 

憎たらしいくらいに良い天気ですね。

さて、今回は、弊社でやり取りした住宅が、どう生まれ変わったのかを紹介するという、ちゃんと仕事しているんだよアピールの記事でございます。

どっかで聞いたことのあるような題名ですが

ええ・・・

ほぼほぼパクリですよ。

今回は『思いの詰まった家』

このお宅、新築する際にとても苦労したそうで、出来れば更地にしたくない・・・

幸いなことにお風呂と脱衣場はリフォーム済みだったのでそのままにして、

主に使う1Fの大規模リノベと、外回りの工事を行いました。

こちらがビフォー

そしてこちらがアフター

明るく、家に帰るのが楽しみになりそうな家に生まれ変わりました。

築40年だろうが50年だろうが、ここまでやれるんですね。。。

ワタクシ、考えを改めさせられました。

そして、大事に使っていいらっしゃった前所有者から購入者されたお客様も、きっと大事に大事に住み継いでくれると信じております。本当にありがとうございました。

今回のリノベを行ったのは有限会社みづほ産業 様

実は購入されたお客様には、相見積もり取るかどうか何度も確認したのですが、みづほ産業様の提案がとても素晴らしく、相見積もりいらないといわれたんです。

実はこういうのが、業者さんの『やったろうじゃないか』魂に火をつけるんですよね。。。

少なくともみづほ産業様はそういう業者さんでした!

ほんと、売主様・買主様のこのお宅への思いをみづほ産業様がいい形に生かしてくれました。

※ワタクシの初歩的なミスで遅れと混乱を生じさせたのは秘密です・・・

今後もこういうリノベがあれば、ジャンジャン紹介してまいります。

・・・

・・・

というわけで、古家の売却をお考えの皆様一つよしなに

売却依頼から売却完了までの流れが分からるページはこちらです

 

この長期在宅、利用しない手はない

花に嵐ですね。。。

・・・って毎年言ってるなワタクシ。

今日明日の嵐で全部散ってしまわなければいいな・・・もうちょっと楽しみたい

 

さて、自粛やら時短やら在宅勤務やらで家にいる機会が多いと思います。

そんな時間を利用してぜひやってほしいのが・・・

大掃除です。

そもそも大掃除は12月よりも、連休がある4月末から5月初のほうが向いているんです。

なぜなら・・・

  1. 真冬と比べて気温が高いので、換気や窓掃除が楽
  2. 真冬と比べて水温が高いので、掃除が苦痛になりづらい
  3. 連休があるので時間の確保が簡単

今年に限ってはお子さんも休校&自粛で自宅にいるとなると、使わない手はありません(おい)

皆さん大好き断捨離も、これだけ膨大な時間があれば、膨大な量捨てられるのでは・・・

ただしあくまでご自宅をやってくださいね♪

え、うち?

そもそも常に掃除してるんで、大掃除自体必要ないんすわ(どや顔)

あ、あとDIYもはかどりますね。

ただ、ワタクシ、今のところ時短も在宅勤務も言い渡されてないので・・・

 

202002otakusu

不動産業界だけ、いまだにこれが元気です。

一部の同業者様の間ではデスブログのように思われている当ブログ・・・

決してそんなことありませんよ。

ただ辛口なだけです。

これからもお客さんに受けそうなネタがあれば、どんどんぶっこんで参りたいと思います(ホントは小心者なんです。信じてもらえませんが)

先週は宅建ボウリング大会。

いつものようにごくごく平凡なスコアでしたが、選んだ商品がスパークリングワインだったため、オクサマからお褒めの言葉をちょうだいしました。

ここからがまじめな話

先週から今週にかけて賃貸へのお問い合わせが増えております。

決まるのは新しめか消雪か都市ガスの物件です。

決まらない物件はどうやっても決まらないという、二極化が激しく進んでいる印象でございます。

で、問題なのは某大手ポータルサイトからの反響

毎日毎日反響があるんですが・・・

返事を返せども返せども、その後反応がない。そもそもワタクシのメールが読まれているのかどうかもわからない。。。

まるで、着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編む心境です。

もはや、メールという媒体も、少し古いものになってきつつあるんでしょうか?(※もしこのブログを読んでいるお客様で、メールが届いている方、出来れば返事をいただけますでしょうか?返事が来ないのにメールを送るの、結構つらいです・・・)

ワタクシ1980年生まれで、ネット黎明期からネットとともに年を取ったといっても過言ではない世代。メールが時代遅れになるなんて、夢にも思いませんでした。

LINEだと、相手が読んだかどうかまでは確認できますものね。

しかし。この不動産業界、いまだに多くの業者の業者が一番使ってるのが、

FAX

・・・

・・・

いまどきラジオへの投稿もFAX受けてないんじゃね?

 

弊社は一応、5年に一回、複合機の入れ替えをして、ほぼ最新機種を使用しておりますので、送るほうも受けるほうも万全なのですが、

送られてくるものが、読めるかどうかわからないほど文字がつぶれていることもしばしば。

しかも相手は東京本社のそれなりにでかい社宅代行だったり、仲介業者だったりするから恐ろしい。

※名誉のために書いておきますが、地元で一番大きい同業者様、ワタクシが仲良く仕事をしている業者様各位は大体メールです。

ここだけの話、物件の空満を電話で確認されるのは何でもないのですが、資料FAXくれ(しかも有無を言わせずFAXしてだとかなり)が嫌いなんですワタクシ。

だってせっかく物件資料、写真いっぱいのっけて楽しい感じにしてるのに、FAXカラーで送れないんだもん。

というわけで有無を言わせずFAX送れの業者様各位。

時代はmailすら古くなっております。

申し訳ないのですが、mailにさせてもらえませんかね。。。

新築のどえらい1LDKも、外壁が7割くらい貼り終わり、いよいよ内装にかかろうか、というところまで来ております。

床貼り終わってますが、工事中のためほとんどの部分が養生してあり見えませんが。いいかんじでした。

次回(かその次)、写真ちょこっとUPしますのでお楽しみに。。