カテゴリー別アーカイブ: 読書レビュー(たま~にやります)

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その3

超久々ブックレビュー

連載第三回目です。堂々完結

取り上げる本は 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

202007

第一回目記事はこちら

第二回目記事はこちら

今回はわが日本を蝕む貧困についてまとめました

「日本の貧困」

日本の貧困は「相対的貧困」です。

この相対的貧困、発展途上国の絶対的貧困とは違い、生命の危険と直結するものではありません。

その分、「自己責任」という言葉でひとくくりにされてしまいがちです。

ただ、この問題を放置すればするほど、社会全体に大きな影響を与えることになるんです。

①貧困が及ぼす社会的問題

まず、低収入と貧困は全く別物です。

貧困は以下のようなものを生み出します

  • うつ病
    収入400万円代世帯と収入100万円代の世帯では、100万円代世帯のほうがうつ病率が7倍も高いんだそうです。うつ病がひどくなれば、働くこともできなくなりますよね。。。
  • 生活保護世帯が継続してします
    生活保護世帯の1/4が、子供世帯も生活保護を受けている
  • 犯罪及び再犯率の高さ
    再犯率が50%、うち70%が無職

生活保護も、刑務所の運営費もすべて税金で賄われています。これでも自己責任で無関係といえますかね?

②女性の貧困と風俗

某タレントが問題発言する前から、貧困と風俗は不可分な問題です。

女性 貧困 風俗でググると、関連記事や本がでるわでるわ・・・

女性が風俗(ありていに言えば買春)に手を染める原因は、
お金だけではなく性的暴力被害に遭ったことが引き金になっているケースも多いんです。

で、風俗に身を賭してしまうと、風俗に対して自分なりの意味を見つけてしまうわけです。。。

そこで違法薬物を(半ば強制的に)使われ、中毒者になる・・・

そんな大げさな・・・と思われるかもしれませんが、実際、少年院の少女の入所者覚せい剤取締法違反」が24.7%を占めトップなんですって。

③少年犯罪

著者は昔と比べて、少年犯罪を起こす人間関係が非常に薄っぺらなものになっていることを指摘しています。

家族からも社会からも孤立した子供たちが、非常に弱い繋がりだけで一緒にいる。

そんな子供たちが、川崎市中1男子生徒殺害事件のような犯罪を起こすわけです。。。

※この事件については、著者のWEB記事を是非お読みください。少年犯罪=少年法の成人年齢引き下げの問題ではないことがよくわかります。

貧困=○○○○感の低さ

ここまで紹介した貧困についてですが、すべての貧困に通じる最大の問題、それは

自己肯定感の低さ

自分の価値が低いと思うと、自分なんてどうなってもよいと考えてしまいます。それは、著者曰く心のガン(ワタクシも言い得て妙だと思います)

貧困にあえぐ人たちは家庭内暴力や育児放棄を受けて育ち、自己肯定感をはぐくむ機会さえ与えられていないケースが多いです。だからこそ、周りのサポートが必要なんです。

とまぁ、大体はまとめられたかなぁ…と思いますが、一番は、貧困という問題は確実に日本をむしばんでいるということを認識することです。

関心を持たなければ貧困世帯はそこから抜け出すことは難しくなり、アメリカのような超格差社会が生まれるだけです。ワタクシもできることは限られていますが、貧困を少しでも克服できるような仕事をやりたいと思っています。。

いやぁ、かなり気合を入れてレビューしたんですが、難しいもんですね。

とにかく、貧困は自己責任ではないことだけは、ブログ読者諸兄にご理解いただければと思います。

 

懲りずにまたレビュー、頑張ります。

※次の奴も重めの奴になるので、時間かかりそうですが・・・

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その2

超久々ブックレビュー

連載第二回目です

一回目からの続き本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

202007

前回は、そもそも「貧困」とは何かについてレビューいたしましたが、今回は、貧困がもたらす問題点をまとめつつレビューしたいと思います。※もはや不動産屋関係ないですね。。。

「貧困」の問題点

貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」があることは前回触れましたが、それぞれ、問題がちょっとずつ違ってきます。

絶対的貧困から生まれる問題は、思っている以上に複雑です。

①スラム

まず、スラムですがこんな特徴があります

  • 土地の不法占拠
  • 過密
  • インフラ整備が不十分
  • 下水がないので非衛生的
    ※ナイロビにあるキベラスラムには、人口100万人超に対してトイレが6000個しかないんだそうです。。
  • 貧困が貧困を生む

で、このスラムはどんどん巨大化します。理由は…

  • 戦争や災害が起こると、住む場所を失った人がスラムに移り住む
  • スラム居住者は多産が多い

当然環境が劣悪なため、平均寿命は短く、産まれた子供も1/5が5歳未満で亡くなってしまいます。

②児童労働者

次に世界中におよそ1億5200万人いるといわれている自動労働者

  • 教育の機会が奪われる
  • 命の危険にさらされている

と、子供の人権無視の状態が続くわけですが、だからといって単純に減らせばいいというものでもないようです。

パキスタンで、児童労働をさせている工場から子供を施設で保護したところ、その収入を当てにしていた家族は生活が成り立たなくなり大人は出稼ぎに行き、家族と一緒にすみたい子供は施設を抜き出したものの、今度は働くところがなく、マフィアの下で犯罪に染める・・・ということになってしまったそうです。

善意の押し付けが、より悪い結果につながることがあるという悲しい見本です。。。

③ストリートチルドレン

世界中に1億人いるといわれるストリートチルドレン、ここにも過酷な現実があります。

子供だからかわいそう・・・と思われるのはせいぜい12歳以下で、それ以上の子供たちは、

  • 肉体労働(ダイヤやレアメタル採掘で使い捨てされてるそうです・・・)
  • マフィアに入る

くらいしかなく、それにすらなれない子供は

  • 臓器倍場
  • 性の道具

にされてしまうわけです。特に女性のストリートチルドレンは、大きくなるとほかのストリートチルドレンに性的暴力を振るわれるので、だったら売春したほうがましというわけです。

しかもそういう売春させられている子供を保護しても、90%が元に戻ってしまうんだそうです。考える力が奪われ、その環境を受け入れてしまっているわけです。

さらにストリートチルドレンは、稼いだわずかなお金すらためておくとほかのストリートチルドレンに奪われるので、その日のうちに使い切なければならないので、ここから脱出するのは個人の努力ではどうにもなりません。

インドの物乞いしている子どもは、同情を誘うために、目をつぶされていたり、熱湯をぶっかけられるんだそうです。。

※読んでいてもはや同じ地球で起こっていることとは思えませんでした

こういう夢も希望もない世界に生きていると、結局ドラックに手を出し、どんどん闇の世界へと落ちていく・・・

ここまで、「絶対的貧困」についてまとめましたが、日本の貧困問題とは質が違う、というのはなんとなくわかると思います。少なくとも日本にはストリートチルドレンは(ほぼ)いませんから。。。

ただ、日本の貧困は、物質的には「絶対的貧困」よりはるかに恵まれていますが、問題の質が違うだけで同じように問題だということがこの本を読むとよーーくわかります。

というわけで、次回に続きます(まだやるのか)

 

index

超久々ブックレビュー 本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 その1

来週はオリンピック開会式だったはずの連休

せっかく連休、遠出するのもなぁ・・・という方に、今回は是非読んでいただきたい本があります。

それがこちら(一応手前の右側の本です)

202007

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

ん、何だお前「意識高い系」か?とお思いの方もいらっしゃるかと思ますが・・・

はいそうです
意識高い系です

・・・

・・・

さてこの本、若い子向けに貧困とは何ぞやを書いた本(冒頭から17歳の君へなんて言葉が出てきます)ですが、40ちゃいのワタクシが読んでも考えさせられる本です。

不動産業は貧困とは真逆の方々とも、困っている方とも触れ合うことが多い職業ですので、こういう問題を知らぬ存ぜぬでいいわけないですよね!

久々ということもありますが、気合い入れてレビューしたいと思います。

え?本業の不動産業は?

最近まで本業&別の顔が結構ゴニョゴニョだったんで・・・

 

「貧困」とはなにか

まず貧困とはなんぞやですが・・・

国連機関のUNDP(国連開発計画)では「教育、仕事、食料、保険医療、飲料水、住居、エネルギーなど最も基本的な物・サービスを手に入れられない状態のこと」を貧困の定義しています。

そしてこの貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」があります。

①絶対的貧困

絶対的貧困を短くまとめると

  • 食料や衣類など人間らしい生活の必要最低条件の基準が満たされていない状態
  • 一日を1.9ドルで食うや食わずの生活(例:ストリートチルドレン)
  • 世界の総人口の約10%の7億人近くがこの状態

で、この絶対的貧困、実は減ってるんです。(20年前:全人口の28.6%→現在:10%)

少なくとも昔よりもひどくなっているわけでは無いという事実は、まず知っておくべきだと思います。ただ、前よりも改善されているとはいえ、7億もの人々が絶対的貧困の中で生活しているわけです。
この絶対的貧困・・・

単純にその人の人権の問題だけではないんです。それは想像を絶する世界です。。。(連載の中で詳しく書きます)

②相対的貧困

相対的貧困を短くまとめると

  • 国や社会、地域など一定の母数の大多数より貧しい状態
  • 所得基準だと「国民の所得の中央値の半分未満」
  • 日本の場合、年収122万円以下が相対的貧困

相対的貧困は、絶対的貧困と違い、衣食住は(限りなく低いレベルで)なんとかなっている状態です。実際日本で一日1.9ドルで生活するような人はほぼいないと思ます。

ワタクシも大学時代、リアルに金がなくてお湯でおなかを満たしたり、半額の弁当をさらに二等分にして二食分にしていた時期がありましたけどね・・・あの頃には戻りたくないなぁ(切実)

相対的貧困は、日本の全世帯の16%程度ですが、このままだと非常にまずいです。単純にその世帯だけの問題にとどまらず、相対的貧困は連鎖を生んでしまうんです。

例えば生活保護、生活保護世帯の20%がその子供の世帯でも生活保護を受給しているんです。生活保護が増えれば増えるほど、国の財政を圧迫するわけです。
「貧しいのは自己責任だ」
とか
「絶対的貧困と比べると、日本の貧困は甘えだ」
とか

こういった自己責任論は、正直貧困問題解決に何の役にも立たないばかりか、貧困への無理解・無関心・偏見を助長することになります。(完全に偏見ですが、赤い表紙の保守系雑誌のあれを読んでる人が言いそうですね)

漫画家の西原理恵子さんが漫画でも描いておりましたが、貧乏・貧困は底なし沼のようなもので、一度落ちたら自力で抜け出すのは非常に困難なんですわ。
※リアルな貧困話を辛気臭くなく語るのは、この人の右に出る者はいないと思います
詳しくは西原理恵子 貧困」でググってみよう!

そもそも、絶対的貧困には絶対的貧困の深刻な問題があり、相対的貧困には相対的貧困の深刻な問題があり、どっちがよりましか、という問題ではないです。

この貧困について、次回もっと掘り下げてレビューしてまいりたいと思います。

2020kotowaza

読書(?)レビュー 初版1983年の○○○○辞典×5

これから小学校中学年になるお子様がいるご家庭に、めちゃめちゃおススメです。

この時期の夜、無灯火逆走の自転車は、もはや凶器ですよ。。。

 

2月も早ほぼ半分終わりました。

あれ、まだ三回目の更新とは・・・

・・・

僕も人間なんです。察してください。

さて、連日のように新型コロナウィルスの話題がトップニュースですね。

あの豪華客船のお客さん、本当にかわいそうです。閉じ込められた上に感染は広がるというというね。。。

ホントジャパニーズって危機管理なってないね。

巷ではマスクがなくなって、某メル●リでは高値で転売されたり、買い占めが起こったりと、オイルショックから全く変わってませんねこの国民性。

そもそもコロナウィルスって、米軍クオリティのN95の穴も通るらしいですよ。

それに致死率も普通のインフルより低いし、なくなっている方も高齢の方やほかに病気を持っている方が多いようです。

ただ、このコロナウィルスのおかげ(?)で、日本ではインフルエンザの発症が前年を大きく下回っているそうです。

みんな必死でうがい手洗いしてますもんね。

まさに”災い転じて福となす”ですな

と、唐突にことわざをねじ込んだのには訳があります。

うちのお兄ちゃん、最近ことわざに興味が出てきたようで、ワタクシ、これ買ったんです。

まんがで学習 ことわざ事典

2020kotowaza

この本、実はワタクシもワタクシの妻も愛読していたという由緒正しい漫画なんです。

初版は1983年で、1巻はなんと89版!!

漫画の内容は悪く言えば古臭いのですが、これ以上ないことわざ辞典だと思います。

この本のおかげで、ワタクシ小・中・高とことわざで困ったことありませんでしたから。

おにいちゃん、めっちゃ気に入っておりました。

ワタクシも久々の再開にちょっと感動しております。

20200212 (1)

次のピアノ発表会の衣装。この季節に浴衣・・・

20200212 (2)

段ボールで美術館を作るきょうだい

 

物件情報、結構目まぐるしく変わっておりますので、興味のある方は是非。

ペット可もあるでよ

2019poison

読書の秋、ということで

10月といえば秋も本番、

秋といえば

読書の秋

皆さん、本、よんでますか?

我が家では図書館から様々な本を借りてくるのが慣例です。

そんな中、我が家では

弟・・・恐竜

兄・・・地理

のブームが起こっております。

恐竜って、今までぼんやりした知識しかなかったのですが、2億年弱地球の支配者だったんですね!!それに比べれば人類なんてカスみたいなもんです。

最強の肉食恐竜といえばティラノサウルス・・・だと思いますよね?

実はそれ以上にやばい奴が海にいたんだそうです

その名もモササウルス

先日NHKで放送されていた恐竜番組では、ティラノを海に引きずり込んでいとも簡単にやっつけておりました・・・

※あくまでCGなんですが、すげー内容でしたよ。。。

来年は恐竜ツアーに行こうかと画策しております。

そして、兄がはまっている、各都道府県のデータを挙げて、どの県なのかを当てるクイズ・・・

これが難しい。

続きを読む

子育て世代に読んでほしい

したの子が熱を出し、昨日はあえなく休載の青汁・・・(すみませんこのおやじギャグはパクリです)

これから我が家でパンデミックが起こるのかどうか。。。

非常に恐ろしいところです。※インフルではなく溶連菌でした。。。まずは一安心

さて、子供が生まれたり増えたりすると、人はマイホームを買うかどうか考え出すんだそうです。

そして住宅の中で最大の悩み、それが「子供部屋」

続きを読む

住宅ローン減税と消費税増税と、よい住まいについて

やってしまった、記事落とし・・・

昨日の更新を楽しみにしていた方、誠に申し訳ありませんm(__)m

それもこれも全部長野と内海をプロテクトしない某球団のせいです(おい)

さて、2019年1月10の読売新聞の15面に、住宅ローンの減税についての記事がありました。かなりの良記事でした。

※記事の切り抜き、会社に準備しておりますので、興味がある方はぜひ当所まで・・・

続きを読む

book20181112

ブックレビューです。不動産要素ほぼなし

雨すごい

こんにちは、更新時間の17時・・・

このブログ記事書いております(汗)

完全に遅刻です。今日はやめようか・・・と思うのですが、「ブログ読みました」のお声を頂くと、書いててよかったなと思います。

で、ブックレビューです(要するにネタが浮かばないんです、今日)

今日は、「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実

book20181112

あの毒入りカレー事件の話です。

私を含むほとんどの人間は、あの事件は犯人が見つかり、死刑が確定してよかったよかったで終わっていると思いますが・・・実は・・・

続きを読む

kowai

お休み前にホラーな話・・・

この更新から二時間後・・・

当ホームページは30時間くらいお休みに入ります。。。

被害が小さい定休日を選んではいるものの、全ページ(もちろんこのブログページも)見られなくなる、というのはちょっと不安です。

その代り終わった後にURLアドレスバーに赤が出なくなるのがちょっと楽しみです。

さて、読書の秋というわけで(?)今回はブックレビューです

『恐い間取り』(松原タニシ著)

kowai

いわゆる『事故物件』に率先して住むことを芸風にしている著者の実体験をもとに書いている・・・

後半は事故物件関係ねーじゃねーか!!という事例もちらほらありますが、総じて面白かったです。特に特殊清掃の話、一読の価値あります。

鶴岡にも何件か、そういう『事故物件』がありますが、人が住んでいるところが多いのではないでしょうか。

俗に一人住んで退去したら告知義務なしといわれていますが、正直、そうとも言い切れないです。まともな不動産業者はほとんど、二回り目でも三回り目でも告知するでしょうね。

ワタクシのホラーな話は

家賃を何か月かまとめ払いするお客さんがいたのですが、その部屋が・・・

床から50センチくらいゴミで埋まっているというゴミ屋敷で、臭いもシャレにならないくらい強烈でした。
ちなみに入居者は車で寝泊まりしていたそうです。なぜ片付けないのか・・・

※そのアパートはその他にもいろいろあったのですが、すでに解体しなくなっております。ご安心ください。

そしてこういう話は大体どこの業者さんでも一度は経験しているはずですので、仲の良い業者さんに聞いてみると、面白い話が聴けるかもしれませんよ・・・

 

20181021

怖いお面被ってマスが、中身はかわゆい子供たちです。それではしばしのお別れ。