カテゴリー別アーカイブ: 徒然

202002otakusu

不動産業界だけ、いまだにこれが元気です。

一部の同業者様の間ではデスブログのように思われている当ブログ・・・

決してそんなことありませんよ。

ただ辛口なだけです。

これからもお客さんに受けそうなネタがあれば、どんどんぶっこんで参りたいと思います(ホントは小心者なんです。信じてもらえませんが)

先週は宅建ボウリング大会。

いつものようにごくごく平凡なスコアでしたが、選んだ商品がスパークリングワインだったため、オクサマからお褒めの言葉をちょうだいしました。

ここからがまじめな話

先週から今週にかけて賃貸へのお問い合わせが増えております。

決まるのは新しめか消雪か都市ガスの物件です。

決まらない物件はどうやっても決まらないという、二極化が激しく進んでいる印象でございます。

で、問題なのは某大手ポータルサイトからの反響

毎日毎日反響があるんですが・・・

返事を返せども返せども、その後反応がない。そもそもワタクシのメールが読まれているのかどうかもわからない。。。

まるで、着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編む心境です。

もはや、メールという媒体も、少し古いものになってきつつあるんでしょうか?(※もしこのブログを読んでいるお客様で、メールが届いている方、出来れば返事をいただけますでしょうか?返事が来ないのにメールを送るの、結構つらいです・・・)

ワタクシ1980年生まれで、ネット黎明期からネットとともに年を取ったといっても過言ではない世代。メールが時代遅れになるなんて、夢にも思いませんでした。

LINEだと、相手が読んだかどうかまでは確認できますものね。

しかし。この不動産業界、いまだに多くの業者の業者が一番使ってるのが、

FAX

・・・

・・・

いまどきラジオへの投稿もFAX受けてないんじゃね?

 

弊社は一応、5年に一回、複合機の入れ替えをして、ほぼ最新機種を使用しておりますので、送るほうも受けるほうも万全なのですが、

送られてくるものが、読めるかどうかわからないほど文字がつぶれていることもしばしば。

しかも相手は東京本社のそれなりにでかい社宅代行だったり、仲介業者だったりするから恐ろしい。

※名誉のために書いておきますが、地元で一番大きい同業者様、ワタクシが仲良く仕事をしている業者様各位は大体メールです。

ここだけの話、物件の空満を電話で確認されるのは何でもないのですが、資料FAXくれ(しかも有無を言わせずFAXしてだとかなり)が嫌いなんですワタクシ。

だってせっかく物件資料、写真いっぱいのっけて楽しい感じにしてるのに、FAXカラーで送れないんだもん。

というわけで有無を言わせずFAX送れの業者様各位。

時代はmailすら古くなっております。

申し訳ないのですが、mailにさせてもらえませんかね。。。

新築のどえらい1LDKも、外壁が7割くらい貼り終わり、いよいよ内装にかかろうか、というところまで来ております。

床貼り終わってますが、工事中のためほとんどの部分が養生してあり見えませんが。いいかんじでした。

次回(かその次)、写真ちょこっとUPしますのでお楽しみに。。

2020kotowaza

読書(?)レビュー 初版1983年の○○○○辞典×5

これから小学校中学年になるお子様がいるご家庭に、めちゃめちゃおススメです。

この時期の夜、無灯火逆走の自転車は、もはや凶器ですよ。。。

 

2月も早ほぼ半分終わりました。

あれ、まだ三回目の更新とは・・・

・・・

僕も人間なんです。察してください。

さて、連日のように新型コロナウィルスの話題がトップニュースですね。

あの豪華客船のお客さん、本当にかわいそうです。閉じ込められた上に感染は広がるというというね。。。

ホントジャパニーズって危機管理なってないね。

巷ではマスクがなくなって、某メル●リでは高値で転売されたり、買い占めが起こったりと、オイルショックから全く変わってませんねこの国民性。

そもそもコロナウィルスって、米軍クオリティのN95の穴も通るらしいですよ。

それに致死率も普通のインフルより低いし、なくなっている方も高齢の方やほかに病気を持っている方が多いようです。

ただ、このコロナウィルスのおかげ(?)で、日本ではインフルエンザの発症が前年を大きく下回っているそうです。

みんな必死でうがい手洗いしてますもんね。

まさに”災い転じて福となす”ですな

と、唐突にことわざをねじ込んだのには訳があります。

うちのお兄ちゃん、最近ことわざに興味が出てきたようで、ワタクシ、これ買ったんです。

まんがで学習 ことわざ事典

2020kotowaza

この本、実はワタクシもワタクシの妻も愛読していたという由緒正しい漫画なんです。

初版は1983年で、1巻はなんと89版!!

漫画の内容は悪く言えば古臭いのですが、これ以上ないことわざ辞典だと思います。

この本のおかげで、ワタクシ小・中・高とことわざで困ったことありませんでしたから。

おにいちゃん、めっちゃ気に入っておりました。

ワタクシも久々の再開にちょっと感動しております。

20200212 (1)

次のピアノ発表会の衣装。この季節に浴衣・・・

20200212 (2)

段ボールで美術館を作るきょうだい

 

物件情報、結構目まぐるしく変わっておりますので、興味のある方は是非。

ペット可もあるでよ

202002niigata (2)

新潟旅行写真ちょっとUP

あっという間にいつもの冬ですね。久々の雪かき、良い運動になりました。

来週には溶けちゃいそうですが。。。

 

前回の記事に出てて来たのヤスダヨーグルトのファクトリーショップ

こんな感じです

 

 

あとは親ばか

202002niigata (7)

絵描きの湯での写真。まだ雪がありませんね

202002niigata (1)

子供のワッフル、結構な量です。

202002niigata (6)

伊勢丹のピアノを弾く姿は、結構かっこよかったです(完全に親ばか)

 

雪が降ったら問い合わせの電話もなくなり、一気に静かになりました。

嵐の前の静けさ・・・であればいいのですが

 

外観パース

前置きの長い新築告知・・・

もうすぐ二月だというのに、雪がありませんね。。。

こんな年、ワタクシの約40年の生涯でも初めてです

が、

異常だと騒ぎたい方々

その「異常」って、何基準ですか?

ここ数十年なかった、で「異常」とおかんがえでしたら

いま一度よく考えてみてください。。。

地球が生まれて約46億年

たかだか十数年って、瞬きよりも短い期間ですよ・・・

地球が危ないとか、地球を守るというのも一緒です。

あくまで人類(および多くの動植物)にとって危ないだけで、地球さんは痛くもかゆくもないんじゃないでしょうか?

むしろ人間ごときが地球さんをどうにかしようだなんて、おこがましいんじゃないですかねぇ・・・

※核廃棄物も、無害化するまでに人間一人の寿命からすれば途方もなく長い時間かかりますが、地中の歴史からしたら、一瞬ですしね。。。

 

この話をするとき、ブラックジャックの

「人間が生き物の生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね」

があたまにうかぶんですよ

202001bj

ブラックジャックでも指折りの名言デス

人間は人間が考える以上に無力だということを、忘れてはいけないよな。。。

視点をいろんなところに持っていける、というのは、心を豊かにして生きるためには必要不可欠ですわね。

 

で、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

すでに情報を出しております

新築テラスハウス(もしかしたら区分アパートかも)です。

この新築テラスハウス(もしかしたらアパート)・・・

今までにない1LDKを、というコンセプトのもと、昨年一年かけて間取り、仕様を練りまくり、ようやく昨年末着工いたしました、

諸事情により、3月末までにできるかできないかが結構ギリギリです、

が、

  • 無垢フローリング&しっくい壁(天井は珪藻土クロスの予定です)
  • 4.5帖のウォークスルークローゼット
  • 1LDKだけどワタクシの住む3LDKよりも広い床面積

※一応ですが、ワタクシが住む3LDKは、平成2年新築の木造ですからね。念のため。

間取り、部屋数がおおければいいわけでは無いということを、この物件で世の中に広められればいいなぁ・・・とも目論んでおります。

理屈臭いワタクシが口をはさみまくったアパート、こうご期待くださいませ。

グルメマップ番外編 名古屋めし

ようやく

ようやくUPできる・・・

昨年、ワタクシの別の顔で言ってまいりました名古屋、人生初の名古屋

だったんですが、

まさか二か月連続で二度行くことになるとは・・・

しかもJRで・・・

みなさん、東京より遠い地域へは新幹線辞めたほうがいいです、死ぬほど疲れます。。。

二度行ったことで、名古屋めし代替食べることができました。

  • 味噌煮込みうどん
  • 味噌カツ
  • 味噌おでん
  • ひつまぶし
  • 天むす
  • えびふりゃあ
  • 台湾ラーメン
  • カツサンド

写真をギャラリーにまとめましたので、ご覧いただければ幸いです

ワタクシの周りの友人に聞くと、

『名古屋めし?大したことない』

という厳しめの回答が二件ほどあったんですが・・・

ワタクシはとてもおいしくいただきました。

ただ、一回目の遠征から帰ってすぐ、熱を出すという痛恨のミス。

しかも三日間寝込むなんて。。。

幸い家族にはうつらなかったのですが、何だったんだろあれ・・・

 

 

20200109bunsyun

挨拶(おせーよ。。。)

皆様新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

この記事を書いている時点(2020/1/09)で、外に全く雪がない冬って、いつ以来でしょうか・。。

信じられません。

がしかし、冬が寒いことには変わりありません。

ワタクシが去年かった二冊、是非おいでになった際お読みください。

20200109bunsyun

寒いのは我慢すればいい、というのはもうやめましょう。年齢に関係なく死につながります。

もう一冊のチルチンびと、面白いですよ。

いい家を建てると、子供が独立してからも戻ってきたくなるんだそうです。

言われてみれば、確かにそうかもしれません。

誰だって実家がいい家だったら、帰ってきたいですよね。

。。。

なんて情報を、これからも発信してまいります。

なんせ、雑談が世界一面白い不動産屋を目指すと某経営者塾で宣言してしまいましたからね・・・

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

 

今度こそ本当に最後の更新じゃ(毒だし版)

やっぱりさ・・・

仕事納めで更新したいじゃん・・・

というわけで、今年最後は個人的にデトックスしますぜぇ・・・

 

ワタクシがこの世で嫌いなもの

それは

キレイゴト(ときゅうり)です

とくに、物事の上っ面しか見ていないくせに、本質を知ったかのように批判ばっかりしている人を見ると、こんな感じになります。

201912gonsan

ゴ●さん

北欧の福祉政策とか、ドイツの環境政策とか、傍目には良さそうなものをやたら礼賛して日本をDISる御仁がおりますが、

それらの国の実態は・・・

外国からの安い労働力が支える、女性のワークライフバランスはありか?デンマークで話題

ドイツの選択は温暖化対策より経済と雇用

・・・たいして日本と変わらないのでは?

ほかにも、高福祉で有名なスウェーデンでは、個人主義を進めた結果、家族に愛着を持つ、ということがない人間が増え、年老いた親をすぐ介護施設にいれ、めったに面会に来ないんだそうです。(詳しくは今月の文藝春秋ネオサピエンスをご一読ください)

かといって、日本最高系の某雑誌とか、毎月毎月中国と韓国をDisる(毎月あれだけDISりのネタを探してくるというのは、もはやストーカーレベルで中韓が好きなんじゃないかと思います)あの月刊誌二冊とかは、大嫌いです。

昔と比べてネットでも書籍でも情報が簡単にえられる上に比較もできる、というのに、それをやらないのは、はっきり言って無知の暴力ですわね。

ワタクシもいろんなことを見聞きして、本を読んで、皆様に楽しい雑談を提供できるよう、来年も努力してまいります。

え、仕事?

・・・

・・・

あときゅうりは臭いがだめです。特にもろきゅう

ではよいお年を(巻き気味で)

今日は祝日じゃ、ないんだな(涙目)

本日は現上皇の平成天皇のお誕生日。

去年迄は祝日だったのになぁ・・・

以前ワタクシ営業が下手という記事を書きました。

今年一年、この記事通りしみじみと感じることがあります。

それは

ワタクシ不動産営業、たぶん向いてない(ていうかド下手)ということ。

だって

売らなきゃいけないものを売れないから。

売るにも貸すにも、両者にメリットがないとできない、めんどくさい奴なんです。そして無駄に情に流される。。。

例えばワタクシ、不動産を買おうと思ってきたお客様でも、「家賃払うくらいなら」のワードが出た瞬間、若干説教モードに入ります。

だって、それスタートだと、絶対失敗するもの。

先日も、「二階建てがいい!」というお客様に、開口一番「二階なんていずれ使わなくなるから平家お勧めします」と言ってしまったんです。

・・・はっきりいいってワタクシ面倒くさい奴です(本日二度め)

でも、そういうめんどくさい不動産屋がいても、いいんじゃないかと最近は思います。

因みにそのあと、平家ごり押ししたお客様から「あの時ああいってもらって、本当に良かった」といううれしいお言葉。。
おうち探しの参考にしていただけてとてもうれしかったです。(まだ絶賛探し中ですが)

直接商談に結び付かなくても、お客様に「あの人(ワタクシ)と会ったことが、その後の不動産選びにプラスになった」と思ってもらえるような仕事をする、それだけはぶれずに邁進していきたいと思います。

 

そして、ずっとこの仕事向いてないと思っておりますが、最近、ほんとは向いてない人だからこそいろんなことが見えるんだな、と思えるようになりました。

というわけで来年も頑張ります。基本ほぼ定時に帰りますが。

だんだん今年の締めのような記事書いておりますが、もう一回か二回は更新いたしますので、
お付き合いくださいませ。

フリーライダーとキレイゴトの話・・・

今年もあと半年切りました。

今年は奇跡的に良いことが結構多く、もうすぐワタクシ、死んでしまうのでは・・・と若干恐怖を感じております。

さて皆様、フリーライダーという言葉を聞いたこと、ありますか。

Wikipediaから引用すると

活動に必要なコストを負担せず利益だけを受ける者

とあります。

公共の施設で、たまたま冷房の調子が悪かった時、

「冷房が効いていないせいで具合が悪くなった、謝罪と倍(ry」

と怒鳴りつけたり、

そういう施設のスタッフからなにかお願いされたとき

「はぁ~(クソデカため息)」&ものに八つ当たり・・・

無料で公共の施設の恩恵を受けながら、たまたまそうじゃないときにスタッフに信じられないほど横柄な態度をとる、これも立派なフリーライダーです。

だって、タダで使ってんじゃん、少し不便な時があるくらい、仕方ないと思えよ。。。

※かなりぼやかして書いてますが、事実をもとに書いております。しかも同一人物
被害に遭った方からは、「二度とくんなよ」とのことです。

で、今回出てきたやつはまさにそういう輩で、WEB上ではでいいことばっかり言ってるわけですよ。超上から目線だし。

・・・

なんなんすかね。

自分ん家ならまだしも(おい)全くの他人にむき出しの悪意を見せびらかすなんて、ろくな大人じゃないですよと周りに言いふらしてるのと同じですわ。

もうバカかアホかと(年がばれそうですねこの突っ込み)

ワタクシ、理想を語るのは好きなんですが、キレイゴトをしたり顔でいう人が大嫌いです。

そういうやつに限って、

  • 低炭素だなんだと口では言うくせに来てるものはポリエステル100%
  • オーガニックだの、有機野菜だの言うくせに、持ち家のクロスは全部ビニールクロス&集成材のフローリング
  • やたらドイツ(ていうかヨーロッパ)推し
  • 日本は環境後進国だと思い込んでる(ソースなし)
  • 自分が好きなことができるのは、環境に恵まれているのに、全部自分の力だと思ってる。
  • フードマイレージだなんだというくせに、遠路はるばる運ばれてきた北欧雑貨だぁいすき

・・・なわけです。

超ダサいですね。

せめて言行一致させようね(半ギレ)
あとちゃんとデータ見ようね(半ギレ)

201912guti

ホントワタクシ何と戦ってるんですかね・・・

年の瀬・・・

なんか溜まってんのかな、ワタクシ・・・

改めてトロッコ問題・・・

冬、ですなぁ。。。

更新さぼり気味で申し訳ありません。。。

昨年は結構早い段階で雪が降って積もってましたが、今年の鶴岡は降るには降っても積もらず、過ごしやすい冬でございます。

さて、最近、週末ごとに遊佐の道の駅まで行って、野菜買い込んでくるのがブームの我が家。。。

どんどん健康になっていく・・・

そしてなぜかワタクシだけ、死期が近いようながりがりの顔になっていく・・・

誰か顔のほっぺただけ太る方法知りませんかね。(こんなこと言うとぶん殴られるかもしれませんが)

鶴岡(遊佐なんですけど)辺りでうまいもんって、結構手軽に手に入るんだなと今更実感しております。パプリカ、あんなに安いところないですよ。。。

ただ・・・・

ワタクシの別の顔で、今年はいろんなところに行かせてもらいましたが、どこもいいところなんすよね。

食べ物もうまいし、ちょっと郊外まで行けば自然もあるし。

これからは人口が自然に増えることは絶対にありません。

すべての夫婦が3人以上こどもを産んでも増えません。

なので、人口が減る前提での街づくりをしなければならないわけです。

つまり、今すでに限界を迎えている集落は、見捨てられる可能性がある、ということです。

以前も『豪雨とトロッコ問題・・・』当記事で書きましたが。市町村としては、自治体が存続しながら出なければ行政サービスは提供できないわけです。

財政に余裕のない自治体がほとんどですから、自ずと安全な平地に人を集めなければならないということになるわけです。

全地域をまんべんなく・・・なんてことは不可能です。

たった一世帯しか住んでいない集落周辺の道路の除雪、上下水道の整備と設備更新・・・

財政面だけではなく、これから低炭素社会だなんだと言っている中で、ものすごーーーくエコじゃないんじゃないですかね?

意識高い系の方々、エコバックだのビーガンだのより、限界突破集落の居住者を無理やりでも市街地に引っ越させるほうがよっぽ貢献度が高いと思うんですが、どう思いますか?それとも、そういう限界突破集落を守るほうが重要でしょうか?

小さい家のほうが暖房光熱費がかからないのと一緒で、これからは消費エネルギーを減らしつつ、行政サービスをある程度絞った地域に提供していかなければ、共倒れですよ。。。

エコロジーとエコノミーを同時に達成するためにも、自治体が存続していくためにも、考えれば考えるほど、そういう非情な判断を取らざるを得ないことがはっきりわかんだね。

そんなこと考えてるわけです別の顔の時。

というわけで、年末にかけて更新増やしてまいります(使命感)

201912yuza

遊佐の道の駅にて、オムライスを食べてニッコリ