カテゴリー別アーカイブ: りあるえすていと・にゅうす

202001cyuute

激震判決 だれか早く触れてよ・・・

早いもので一月ももう半分終わりました。

ここまでの感想・・・

 

胃が痛いwww(はっきり言ってワタクシ自身のせいなので仕方ないですすみません)

 

 

さて、この話題、去年からだいぶだいぶ騒がれておりますが、この界隈でだれもブログやらなんやらで触れないので、ワタクシが物故猛火と思います。

それは・・・

 

仲介手数料判決

 

これです。はい出たドン

賃貸仲介手数料訴訟、不動産業者の敗訴確定 東京高裁

本文も短いので全文引用すると・・・

賃貸住宅を借りた際、家賃1カ月分の仲介手数料を支払わされたとして、借り主の男性が仲介業者「東急リバブル」(東京)に一部返還を求めた訴訟の上告審判決で、東京高裁(大段亨裁判長)は14日、東急側の上告を棄却した。国が定める0・5カ月分を超える手数料を「承諾なく受け取ったのは違法」として返還を命じた二審・東京地裁判決が確定した。

 仲介手数料の上限について、国は「借り主と貸主から家賃0・5カ月分ずつ、合わせて1カ月分を原則とする」と告示。ただ、「仲介依頼」の成立までに借り主の承諾があれば、借り主から1カ月分受け取れるとの例外を定める。判決が確定したことで、仲介業者は、仲介手続きの早い段階で借り主の承諾を得ることを迫られそうだ。

 判決によると、男性は2012年末に物件を内覧後に契約の意思を示した。翌年1月10日に東急側から「20日に契約する」と連絡を受け、20日に手数料が「家賃1カ月分の約24万円」と記された申込書に押印した。

引用ここまで

では実際、どういう風に報酬は定められているかというとこちらでございます。

第4 貸借の媒介に関する報酬の額
宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。以下この規定において同じ。)の合計額は、当該宅地又は建物の借賃(当該貸借に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該媒介が使用貸借に係るものである場合においては、当該宅地又は建物の通常の借賃をいう。以下同じ。)の1月分の1.10倍に相当する金額以内とする。この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の1月分の0.55倍に相当する金額以内とする。

・・・

この承諾が、どのタイミングでもらっていたか、が重要なわけですね。。。

ということは、当該依頼者がどちらになるかは別にして、承諾すれば一か月分(プラス消費税)もらっても違法ではないということです。

ただ

一度考えてほしいのですが、

  • 絶対にお金出したくないという大家さんの物件
  • 仲介料1/2を出すのをためらわない大家さんの物件

同じような間取り・条件・立地だったとして

どっちが決まりやすいでしょうか?

これまでは、大家さんが仲介手数料を支払う、というパターンは非常に少なかったわけです。(まったくいないわけではありません)この判例が出たことで、今後大家さんと借主双方に請求することになるかもしれません。

ただでさえ人口減少の折、大家さん側にも決めるための努力(契約金をへらしたり、魅力的なリフォームをしたり)が必要になってくるんでしょうね

ワタクシどももこのナリワイで飯を食っている以上、法令順守、判例重視をしなければならないわけで。

なので、この判例は今後大きな波を起こすような気がします。

※ていうかむしろこういう判決出すくらいなら、キッチリ1/2ずつもらうよう法律で決めてほしいですわ。

ただ、都会の仲介手数料は今回の判例のとおり賃貸でも20万円(!!)半分でも10万円・・・

鶴岡にそんな物件、何件あるんですか?ていうかあるんですか?

鶴岡、安い物件だと1か月2万円台ですよ・・・

これで半月分だけだったら1万円ちょっと・・・

賃貸仲介中心の会社はどうやって暮らしていけばいいのか・・・

だいたい都会では大家さんがAD(広告費)を払ってるんですよ?

それも一か月どころか二か月分三か月分・・・

俺だってほしい(おい)

愚痴っぽくなりましたが、今日はこの辺で

 

20200109bunsyun

挨拶(おせーよ。。。)

皆様新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

この記事を書いている時点(2020/1/09)で、外に全く雪がない冬って、いつ以来でしょうか・。。

信じられません。

がしかし、冬が寒いことには変わりありません。

ワタクシが去年かった二冊、是非おいでになった際お読みください。

20200109bunsyun

寒いのは我慢すればいい、というのはもうやめましょう。年齢に関係なく死につながります。

もう一冊のチルチンびと、面白いですよ。

いい家を建てると、子供が独立してからも戻ってきたくなるんだそうです。

言われてみれば、確かにそうかもしれません。

誰だって実家がいい家だったら、帰ってきたいですよね。

。。。

なんて情報を、これからも発信してまいります。

なんせ、雑談が世界一面白い不動産屋を目指すと某経営者塾で宣言してしまいましたからね・・・

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

 

今度こそ本当に最後の更新じゃ(毒だし版)

やっぱりさ・・・

仕事納めで更新したいじゃん・・・

というわけで、今年最後は個人的にデトックスしますぜぇ・・・

 

ワタクシがこの世で嫌いなもの

それは

キレイゴト(ときゅうり)です

とくに、物事の上っ面しか見ていないくせに、本質を知ったかのように批判ばっかりしている人を見ると、こんな感じになります。

201912gonsan

ゴ●さん

北欧の福祉政策とか、ドイツの環境政策とか、傍目には良さそうなものをやたら礼賛して日本をDISる御仁がおりますが、

それらの国の実態は・・・

外国からの安い労働力が支える、女性のワークライフバランスはありか?デンマークで話題

ドイツの選択は温暖化対策より経済と雇用

・・・たいして日本と変わらないのでは?

ほかにも、高福祉で有名なスウェーデンでは、個人主義を進めた結果、家族に愛着を持つ、ということがない人間が増え、年老いた親をすぐ介護施設にいれ、めったに面会に来ないんだそうです。(詳しくは今月の文藝春秋ネオサピエンスをご一読ください)

かといって、日本最高系の某雑誌とか、毎月毎月中国と韓国をDisる(毎月あれだけDISりのネタを探してくるというのは、もはやストーカーレベルで中韓が好きなんじゃないかと思います)あの月刊誌二冊とかは、大嫌いです。

昔と比べてネットでも書籍でも情報が簡単にえられる上に比較もできる、というのに、それをやらないのは、はっきり言って無知の暴力ですわね。

ワタクシもいろんなことを見聞きして、本を読んで、皆様に楽しい雑談を提供できるよう、来年も努力してまいります。

え、仕事?

・・・

・・・

あときゅうりは臭いがだめです。特にもろきゅう

ではよいお年を(巻き気味で)

今年最後(多分)の更新・・・

多くの方が、仕事納めをされて、今日から年末年始休業・・・

ええ・・・

うちは28日・30日も仕事ですよ

・・・必要とされているうちが花だと思って頑張りマッスル

はてさて皆様・・・

やってきましたね。白いア・レ💛

年末年始の天気もガッツりくるみたいですわ(震え声)

なぁに、

積もらなければどうということはない

hqdefault

この人は当たらなければどうということはないでしたね・・・

さて、今年を振り返ると、別の顔のほうでいろんなところへ出張し、いろんな方とお会いしたり、本業のほうではどえらい物件を東京の方から依頼されて取り扱ったり、いろいろな偶然によって全員イイ感じにまとまる事案が出たり、なんやかんやとお客さんと仲良くなって飲みに行ったりと、エキサイティングな一年でした。

契約がこれだけとれた!とか、こういうことをして感謝された!とか、そういうことを声を大にして言うのがものすごく嫌いなワタクシですが、このどえらい物件と偶然でいい感じ物件は、たぶん一生忘れられないでしょう。。。

で、

来年の目標ですが

まとめきれてないグルメマップ、頑張ってまとめます

もちろん、アパート暮らしが少しでも快適になる小ネタやら、不動産ネタなんかも、いろいろと出していきたいと思います。

まずはDIYやな・・・いい加減スタイロフォームかってこよ。

え?本業の目標?

そんなものたてたことありませんよ(おい)

強いてあげれば、

『ワタクシを信じてくれたお客さんには絶対損させない』

です。

ちなみに、

死ぬまでずっとこれが目標です

それでは皆様(2019年に読んでくれてるかどうかわかりませんが)良いお年をお迎えくださいませ。

今日は祝日じゃ、ないんだな(涙目)

本日は現上皇の平成天皇のお誕生日。

去年迄は祝日だったのになぁ・・・

以前ワタクシ営業が下手という記事を書きました。

今年一年、この記事通りしみじみと感じることがあります。

それは

ワタクシ不動産営業、たぶん向いてない(ていうかド下手)ということ。

だって

売らなきゃいけないものを売れないから。

売るにも貸すにも、両者にメリットがないとできない、めんどくさい奴なんです。そして無駄に情に流される。。。

例えばワタクシ、不動産を買おうと思ってきたお客様でも、「家賃払うくらいなら」のワードが出た瞬間、若干説教モードに入ります。

だって、それスタートだと、絶対失敗するもの。

先日も、「二階建てがいい!」というお客様に、開口一番「二階なんていずれ使わなくなるから平家お勧めします」と言ってしまったんです。

・・・はっきりいいってワタクシ面倒くさい奴です(本日二度め)

でも、そういうめんどくさい不動産屋がいても、いいんじゃないかと最近は思います。

因みにそのあと、平家ごり押ししたお客様から「あの時ああいってもらって、本当に良かった」といううれしいお言葉。。
おうち探しの参考にしていただけてとてもうれしかったです。(まだ絶賛探し中ですが)

直接商談に結び付かなくても、お客様に「あの人(ワタクシ)と会ったことが、その後の不動産選びにプラスになった」と思ってもらえるような仕事をする、それだけはぶれずに邁進していきたいと思います。

 

そして、ずっとこの仕事向いてないと思っておりますが、最近、ほんとは向いてない人だからこそいろんなことが見えるんだな、と思えるようになりました。

というわけで来年も頑張ります。基本ほぼ定時に帰りますが。

だんだん今年の締めのような記事書いておりますが、もう一回か二回は更新いたしますので、
お付き合いくださいませ。

フリーライダーとキレイゴトの話・・・

今年もあと半年切りました。

今年は奇跡的に良いことが結構多く、もうすぐワタクシ、死んでしまうのでは・・・と若干恐怖を感じております。

さて皆様、フリーライダーという言葉を聞いたこと、ありますか。

Wikipediaから引用すると

活動に必要なコストを負担せず利益だけを受ける者

とあります。

公共の施設で、たまたま冷房の調子が悪かった時、

「冷房が効いていないせいで具合が悪くなった、謝罪と倍(ry」

と怒鳴りつけたり、

そういう施設のスタッフからなにかお願いされたとき

「はぁ~(クソデカため息)」&ものに八つ当たり・・・

無料で公共の施設の恩恵を受けながら、たまたまそうじゃないときにスタッフに信じられないほど横柄な態度をとる、これも立派なフリーライダーです。

だって、タダで使ってんじゃん、少し不便な時があるくらい、仕方ないと思えよ。。。

※かなりぼやかして書いてますが、事実をもとに書いております。しかも同一人物
被害に遭った方からは、「二度とくんなよ」とのことです。

で、今回出てきたやつはまさにそういう輩で、WEB上ではでいいことばっかり言ってるわけですよ。超上から目線だし。

・・・

なんなんすかね。

自分ん家ならまだしも(おい)全くの他人にむき出しの悪意を見せびらかすなんて、ろくな大人じゃないですよと周りに言いふらしてるのと同じですわ。

もうバカかアホかと(年がばれそうですねこの突っ込み)

ワタクシ、理想を語るのは好きなんですが、キレイゴトをしたり顔でいう人が大嫌いです。

そういうやつに限って、

  • 低炭素だなんだと口では言うくせに来てるものはポリエステル100%
  • オーガニックだの、有機野菜だの言うくせに、持ち家のクロスは全部ビニールクロス&集成材のフローリング
  • やたらドイツ(ていうかヨーロッパ)推し
  • 日本は環境後進国だと思い込んでる(ソースなし)
  • 自分が好きなことができるのは、環境に恵まれているのに、全部自分の力だと思ってる。
  • フードマイレージだなんだというくせに、遠路はるばる運ばれてきた北欧雑貨だぁいすき

・・・なわけです。

超ダサいですね。

せめて言行一致させようね(半ギレ)
あとちゃんとデータ見ようね(半ギレ)

201912guti

ホントワタクシ何と戦ってるんですかね・・・

年の瀬・・・

なんか溜まってんのかな、ワタクシ・・・

改めてトロッコ問題・・・

冬、ですなぁ。。。

更新さぼり気味で申し訳ありません。。。

昨年は結構早い段階で雪が降って積もってましたが、今年の鶴岡は降るには降っても積もらず、過ごしやすい冬でございます。

さて、最近、週末ごとに遊佐の道の駅まで行って、野菜買い込んでくるのがブームの我が家。。。

どんどん健康になっていく・・・

そしてなぜかワタクシだけ、死期が近いようながりがりの顔になっていく・・・

誰か顔のほっぺただけ太る方法知りませんかね。(こんなこと言うとぶん殴られるかもしれませんが)

鶴岡(遊佐なんですけど)辺りでうまいもんって、結構手軽に手に入るんだなと今更実感しております。パプリカ、あんなに安いところないですよ。。。

ただ・・・・

ワタクシの別の顔で、今年はいろんなところに行かせてもらいましたが、どこもいいところなんすよね。

食べ物もうまいし、ちょっと郊外まで行けば自然もあるし。

これからは人口が自然に増えることは絶対にありません。

すべての夫婦が3人以上こどもを産んでも増えません。

なので、人口が減る前提での街づくりをしなければならないわけです。

つまり、今すでに限界を迎えている集落は、見捨てられる可能性がある、ということです。

以前も『豪雨とトロッコ問題・・・』当記事で書きましたが。市町村としては、自治体が存続しながら出なければ行政サービスは提供できないわけです。

財政に余裕のない自治体がほとんどですから、自ずと安全な平地に人を集めなければならないということになるわけです。

全地域をまんべんなく・・・なんてことは不可能です。

たった一世帯しか住んでいない集落周辺の道路の除雪、上下水道の整備と設備更新・・・

財政面だけではなく、これから低炭素社会だなんだと言っている中で、ものすごーーーくエコじゃないんじゃないですかね?

意識高い系の方々、エコバックだのビーガンだのより、限界突破集落の居住者を無理やりでも市街地に引っ越させるほうがよっぽ貢献度が高いと思うんですが、どう思いますか?それとも、そういう限界突破集落を守るほうが重要でしょうか?

小さい家のほうが暖房光熱費がかからないのと一緒で、これからは消費エネルギーを減らしつつ、行政サービスをある程度絞った地域に提供していかなければ、共倒れですよ。。。

エコロジーとエコノミーを同時に達成するためにも、自治体が存続していくためにも、考えれば考えるほど、そういう非情な判断を取らざるを得ないことがはっきりわかんだね。

そんなこと考えてるわけです別の顔の時。

というわけで、年末にかけて更新増やしてまいります(使命感)

201912yuza

遊佐の道の駅にて、オムライスを食べてニッコリ

 

サッシあれこれ

えらい天気・・・

まさにTHE庄内の冬といったお天気です。

そして寒い・・・こう寒いと寒さ対策について考えねばならなくなります。

特に築古の物件だと、なおさらです。下手すると命にかかわりますからね。。。

さて、某SNSで、ワタクシの友達の記事に木製トリプルサッシがいい!!との書き込みがありました。

続きを読む

師走らしくセミナー参加のお話

先週の『脱力ニュース』@フジ

予告なしでのアンタッチャブル復活&ファストフード店ネタ・・・

ええ・・・

圧倒的でした。

何度も見てるネタなのにゲラゲラ笑えるわけです。

そしてワタクシの目からはなぜかしょっぱい汗が・・・安い涙だなと

※Tverで2019年12月6日までは見られるので、是非ご覧ください。見逃した方はそら辺の動画サイトで頑張って探してくださいたぶんありますから

年末のネタ番組でも新ネタ披露するらしいので、楽しみです。

 

さて、雪もちらつくこの季節。私の筆も鈍るというものです。

仕方ないですよね・・・

だって師走だもの

いいわけですはいすみません

続きを読む

与太話まとめの話・・・

右折で待ってるときに、直進が赤信号で無理やり突っ込んでくる車・・・

横断歩道の歩行者町なのに、止まらない対向車・・・

無灯火&右走りの自転車・・・

交差点入り口をふさいでまで前に詰める車・・・

何とかなりませんかね鶴岡警察署の皆様(迫真)

どうも。

今日の朝、起きたらびっくり真っ白。。。タッチの差で

タイヤを変えていてよかった~

20191129earth

変えておいてよかったイメージ画

そしてもう今年も終わり・・・来週からは師走。

ワタクシも忙しいフリに余念がなく庶務にかまけて更新が遅くなってしまいました。

ここへきて退去の連絡がじゃかすか来ております。

皆様12月退去はやめて、やめてクレメンス・・・

幸いなこと(?)に、退去予定のほとんどが消雪Pの物件・・・

これで、、、まだ戦える・・・

20191129togashi

冨樫仕事しろ

某同業者サンとの与太話で、1DKの一軒家(別荘じゃないですよ)をローコスト系で建てた方がいるそうで・・・

しかも住んでたアパートのまどりほぼそのまんま。。。

それってもはや建てる意味なくないか?という話になりました。

なぜか?

ズバリ

リスクとベネフィットのつり合いが取れないから

賃貸の場合、家賃さえ払っていれば、家賃以上の負債を背負うことはありません。が、住宅ローンを組んだが最後、1000万円以上の借金を証拠とになります。

そして、同じ額だとしても借金の返済=遅延があれば抵当権者に没収させることになります。家賃のように

おまけに破産したとなると、通帳は作れなくなるし、クレジットカードも作れなくなるしと散々なわけです。

ローンを組めるからローンを組んでいいわけではないんです。

プラス、今まではなかった固定資産税・都市計画税が毎年必要になるわけです。この辺りは本来、住宅ローン減税で還付される分でほとんどの部分が相殺されるのですが、減税で還付されたものを次の年の固定資産税・都市計画税にちゃんと回せる、もっと言えばそんなものに頼らずとも固都税払えるだけの資金管理がちゃんとできるのか、という問題もあります。

さらに、自己使用しているうちはいいですが、何かの拍子で手放すことになったとして、売れるかどうか・・・

汎用性の低い間取りであればあるほど、売却までの期間が長くなります。評価も下がります。

もちろん、いいように建てたとしても、それが魅力的な間取りだったり、魅力的なデザインだったりと、何らかの付加価値があればいいのですが、

残念ならが、ローコスト系の場合、いかに安く家を供給するかにはたけていますが、資産価値が下がりにくい家、という意味では残念ながら強くないわけです。

・・・

で、ここまでの話を、施工業者は施主にしたのか、という疑問がムクムクとわいてくるわけです。

よっぽど変わった間取りであれば、止めるのも業者の仕事ではないかと思うわけです。施主に言われるがまま建てるというのは、はっきり言ってプロの仕事ではありません。

希望をかなえつつ、それ以上の仕事をするのがプロじゃないかな・・・と思うわけです。

え?

お前はどうだって?

たぶん、出来てるんじゃぁないかなぁ(小声)